<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

兄弟【Part3 ―夜遊びで遭遇した大火球―】

3月29日午後8時24分ごろ、関東地方から東海地方にかけて「大火球」が見えたらしい。

火球とは(日本流星研究会HPより)
b0036381_130081.jpg流星の中で特に明るいものを『火球(かきゅう)』と呼びます.判断基準は,諸説ばらつきが有るのですが,ここでは-3等級以上としています.夜空の全ての恒星より十分明るく,木星より明るいと認められる光度です.火球の中には,昼間見られるほど明るいものや,隕石落下に至るもの,飛跡に沿って長い時間光跡が残る(流星痕)もの,音を伴うものなど興味深い現象も含まれます.

その日のうちにNHKニュースなどでとりあげられたらしいが、翌日には主だった報道もなく、新聞にも載ってなくてがっかりした。それほど珍しいことではなかったのか?
我が家では運良く次男がそれを目撃した。
彼は―本当に運がいいというのか―たまたま「夜遊び」をしていた。
そこで、私にエライ剣幕で怒られたのだ。

現在春休み中の新中学2年生たちは、部活が終わったら暇をもてあましている。
先日も部活のない日に、わが次男を含む「悪ガキ軍団」はディズニーシーに行ってきた。
次男は、私の大反対を押し切って行ったのだ。(小学校卒業時と、中1の夏休みも友達同士で行っている。あのように1日軽く1万円もかかるところは、中学生が頻繁に遊び場とするのはふさわしくない、というのが私の持論。近いと言っても自転車で行けるような距離でもない。(浦安市→千葉市)おまけに閉園までいるというので、帰りが遅くなる。どうしても行くなら、ママはお昼代1000円しかあげないよ、と言ったら『いいよ』と言ってお年玉でまかなったようだ)
朝、4時半に家を出て、帰ってきたのはなんと翌日の0時20分だった!

そして、大火球が出現した29日も、午後6時前にその悪ガキ仲間が、ピンポーン、とインターフォンを鳴らして誘いに来たのだ。
「ちょっと走ってきていい?」と次男は私に聞いた。
野球部仲間たちと、家の前にあるグラウンドを走るのだ、と私は信じて疑わなかった。小学校の頃からよくしていたことだ。「いいよ」と即返事。
30分もしないうちに「腹減った~!」と言って帰ってくるはずだ。
そして「ごはん、まだ~?」と急かされるのだ。それが日常だった。

ところが、ディズニーシーでヘンな免疫がついたのか、7時になっても8時になっても9時になっても帰ってこなかった。
お金も持たず自転車で飛び出したのだから、お腹がへっているに違いない。
人一倍食いしん坊のくせに。
何か、悪い子たちにからまれたりしてないかしら。
私はイライラしながら、高校入学前の長男にガミガミと愚痴った。
次男を連れ出した仲間は、夜遊びは日常的、という子が多い。
私が、夜運転していると、自転車で家からずいぶん離れた場所をふらふらしているのを目撃するような連中だ。
お母さんたちも、何も言わないらしい。
「もう、まったくあんな子たちとつきあうから、○○(次男の名前)はあんなになっちゃって、ママが心配してるって思わないのかしら!」
「あいつはあいつなりに考えて友達づきあいしてるんだよ」
と長男はわかったように言う。
(あなたも考えてうまくしなさいよ・・・)私は心の中でつぶやく。

次男はようやく9時半に帰ってきた。
「どこにいて何してたの!?こんな時間まで!!」
「T大運動場で走ってた」
「えっ?あんなところで。それにしても、3時間以上も走ってたわけないでしょ!後は何してたの!?」
問いただすと、そのT大運動場の前の道路や、コンビニ駐車場でたむろってたらしい。他の子はお金を持っていて、次男だけ持ってなかったようだ。
私の説教はヒートアップした。
「ママに連絡しようと思わなかったの?」
「だって携帯ないじゃん」
「だったら、途中で『オレは帰るよ』って帰ってこなきゃダメでしょ!」
「何時までに帰ればいいんだよ?」
「そんなの常識で考えたらわかるでしょっ!暗くなる前に帰るのよ、当たり前でしょっ!!」
「いい!?こんなことするんだったら、もうあの子たちと付き合うの、やめなさい!うちは、子供が夜ふらふらほっつき歩くことを認めるような教育方針ではありませんっ!」
「はいはい、わかりましたよ」と人をバカにしたように言う。
まったく、腹が立つ。

ご飯も求めてこなかったが、(出してくれないと思ったのだろう)せっかく作ったし、お腹はぺこぺこのはずなので、鬼の形相から普通の母に戻り、ご飯の用意をする。
「明日も部活でしょ!食べたらさっさとお風呂に入って寝なさいよ!」
b0036381_139523.jpg

「隕石か何かが落ちたんだ!飛行機よりすごく速くて真っ赤に光ってて、とにかく凄かったんだ!」
就寝前に、彼はそのことを初めて話した。ようやく怒りがおさまっていた私は
「へえ~、それはきっと『火球』ってやつよ。ほら、ママが前にしし座流星群みたとき、赤くて特大の流れ星見た、って言ってたでしょ、そういうものだと思うよ」
それにしても、特に空を見ていたわけじゃない次男たちが、揃って「すげえ!」と叫んだというからよほど光ったに違いない。

ちょっと気になって、PCを開け天文や気象に関するサイトをのぞいてみた。
――掲示板がすごい騒ぎになっていた。
UFOだとか、人工衛星の再突入とか、飛行機の墜落とか、テポドンとか言う人も・・・とにかく明るく大きく、度肝を抜くものだったらしい。
もうちょっと専門的なサイトを探した。
「こんな全天を縦断する大火球を肉眼で見たのははじめて」
「夢か、と思うほど衝撃的な出来事」
「30年間の天体観測歴で最も驚くこと」
などなど、やはりただものじゃない大火球だったみたいだ。

なんと、動画もUPされてた。

こういうのも。
あーあ、私も見たかったなあ。
天文ファンというのはおこがましいが、天体観測はかなり好きなのです。

しかし、さんざん怒られるようなことをしたときに、こういうものを目撃できる次男って、いったい何なの?
我が子ながらなんだかうらやましくなった。
彼は幼いときから、おとなしくまったく手のかからなかった長男とは正反対の性格だった。
その長男でさえ、思春期に入ると私にさんざん手をかけさせるようになってしまった。
次男もまた、長男とは正反対のことをしでかして、私を困らせてくれるにちがいない。
もういまから覚悟している。

でも、あの大火球を見れたら、遥かな宇宙に想いを馳せ、日常のささいなことなんて吹き飛んでたかもしれない。子育ての悩みなんてちっちゃいちっちゃい、そんなこと。
b0036381_1371287.jpg

私たちは宇宙の塵、砂粒にも満たないような存在なんだから、ちょっとしたことでイライラしない、くよくよしない、悩まない。なんて思えたかも。
[PR]
by gbsatomi | 2006-03-31 01:46 | DIARY

アクロス・ざ?・ユニバース

ジョン、あなたはどうして「♪アクロス・・ユニバー~~ス」と歌うの?b0036381_1202857.jpg

さて、今回は英語のお勉強におつきあいくださいませ。
かねてから疑問に思ってました。ジョンが「♪アクロス・・・・」と歌うことについて。
だって、英語の定冠詞The(ここでは、「ザ」と表記します。本当は日本語表記できない音ですよね、thの発音)は、次に来る単語が母音で始まる場合には「ザ」じゃなく「ジ」(同じく便宜上「ジ」と表記します)になる・・・・・と習ったじゃないですか。
ならばならば、アクロス・THE・UNIVERSE・・・「ザ」の次は、母音Uで始まるのだから、「ジ」じゃないの…?

でもでも、手元にあるビートルズ関係の本で、この曲を表記しているものはすべて「ザ」になっている。それに、私ははっきり覚えている。かれこれン十年前、中2のときに買ったLP「LET IT BE」のしょぼい歌詞カードに、はっきりと「アクロス・・ユニバース」と書いてあったことを。
「ジ」と書いてある本もたまにあったと聞くが、う~んそうかも知れないがとにかく今、私の手元にある資料にはすべて「ザ」となっているのだ。
それに!
なんといってもジョンがはっきりと「ザ」と発音しているではないか。
どうしてどうして?

仮説をたててみた。
①リバプール訛り。リバプールでは母音の前でも「ザ」と発音する。
②Universeという、唯一無二、絶対的な存在の名詞には母音云々の法則は適用されない。
③余裕があるとき(ゆっくりした曲)は「ザ」、ないときは「ジ」と発音する。
④ジョンの思いつき、気分次第で「ザ」と発音している。

う~ん、どれも弱いな。。。。。

ここでジョンの他の曲を思い浮かべる。
Theの後にUから始まる名詞を歌っているものはないかな?
あったあった、ありました!
「♪My mother was of the sky
My father was of the earth
But I am of the universe・・・・・」 ご存知、「Yer Blues」の一節です。

これは、何たる偶然というかちょうど教材のような歌詞ではないか。
最初のtheは「ザ」。(skyの前)
次のtheは「ジ」。(earthの前) ジョンははっきりと使い分けている。
そして問題の部分、・・・「バッ アイアム オブ ? ユニヴァース・・・・」
うーん、「ザ」と聞こえるが、苦し紛れに聞くと若干「ジ」の要素も入っているような。

息子に聞かせたら 「『ザ』じゃないの?」 と言う。
そこで「the に続く母音始まり名詞の音」の法則を言うと、「でもさ、ユニバースの前は、ジよりザのほうが言い易いんじゃないの?」だって。

「アイアム オブ  ユニヴァース」
「アイアム オブ  ユニヴァース」
どっちが言い易いかな。「ザ ユニヴァース、ジ ユニヴァース、ユニヴァース、ユニヴァース・・・ユ。ユ?ユ!?」

そこではたと気づいた。
Universeは、たしかに母音Uで始まるが、発音は「ユニヴァース」であり「ウニヴァース」でも「アニヴァース」でもない。Universeの「ユ」は、発音記号で書くと「j」の次に「u(←この上に線がついている)」という記号。例えばumbrella、umpire、up、under などのuは「ア」の発音だが、同じuでもUniverse、uniform、utopia、unicornなどは「ユ」なのだ。
ここにヒントがあるのではないだろうか?
そこで仮説⑤「ユ」と発音するuで始まる単語のみ、「ザ」になる。・・・ホントかな?

じゃあ、uniform、utopia、unicornの前にtheをつけて発音している曲を探せばいんだわ、と考えたものの、とてもそこまでやる気力能力もない。
どうでもいいじゃないの、そんなこと、って思われるかもしれません。
いえね、私がこんなにこだわるのはワケがあるんですよ。

昨年夏までバイトをしていた学習塾で、子どもたちの英語のリーディングを担当していました。発音指導は一切せずネイティブの録音したCDのみに頼るのだが、間違った読み方をしたときにチェックし、教えるという仕事である。
たいていの子どもたちがよく間違えていた。「theの後に来る名詞が母音で始まるときは、発音が変化し、ザ→ジになる」ということを。
教材CDでも明らかに「ジ」と発音しているのでそう指導してきたのだ。口をすっぱくして言ってきた。だから、この「アクロス・ザ・ユニバース」はどうも合点がいかないのだ。
ジョンの発音がOKならば、私はウソを教えてきたことになるじゃない(・・;)
だから、真実を知りたいのです。(んな大げさな・・・)
皆さん、どうかこの不勉強な私に教えてください。。。お願いします。

さて、Across the Universeは現在公式に出ている4つのバージョンがあるが、皆さんはどれがお好き?
刷り込みとは恐ろしいもので、私はやはり初めて聞いた「LET IT BE」(nakedじゃないもの)or青盤のものが正式バージョンだと考えてしまうのである。あの、ジョンの声がヌボーっとして全体にもやがかかっている感じの、フィル・スペクターサウンドが。b0036381_1221691.jpgだからあれを基準に好き嫌いを考えてみると、
Past Mastersに入ってるバードバージョンは、音が高すぎ、テンポが速すぎであまり好きじゃない。(中学のとき、エアチェックをまめにしていてこれを聞いたときにはびっくりしたけど)
音のクリア度でいったらなんといっても「naked」バージョンだろう。
しかし、この「naked」の楽曲はすべてnakedとか言いながらちっとも素っ裸じゃない。作って作って作りこんだ、つまり現代の技術の結晶でnakedに見せかけているのだから、いくら音が良くてもなんだか人工的な感じであまり好きじゃないのだ。となると、やはりアンソロジーバージョンである。
これはまあまあ音もよく、ボーカルも演奏もラフで、余分なものがくっついてなくて、これこそリアルAcross the Universe naked じゃないかと。(まあ、アンソロジーは全部そういうものだけど)
あきらかにジョンのボーカルが他のテイクと違って、このラフ感がなんだか好きなのです。
テンポもね。このくらいが一番好き。

そうそう、あの呪文のような Jai guru deva, om という歌詞ですが。
あの意味をワインセラピストさんのブログで初めて知りました。
Jai=ブラフマン
guru=伝道師
deva=天使(妖精)
om=宇宙の波動    
なんでも、インドの宗教用語なんですって。
(セラピーさん、引用させてもらいました。ありがとう!)
これね、大昔のLP「LET IT BE」歌詞カードにはなんと
「I can rule day ○○←(失念)」と書いてあったんですよ。とんでもないよね。
おかげで、14歳の私はずーっとそういう歌詞だと思い込んでいました。25歳くらいまで。
ひどーい!

どうか皆さんのご意見、お聞かせください。ザ→ジについて。
[PR]
by gbsatomi | 2006-03-21 01:29 | LOVING JOHN & FAB4

春を呼ぶ花

スノードロップがついに咲きました!(実はちょっと前なんだけど・・・)
花言葉は「希望」。
b0036381_122265.jpgこの小さく、控えめで目立たない花は厳寒期に芽を出し、他の草花に先駆けてひっそりと咲くのです。下向きの、自己主張しない花。球根ですが、日陰でもOK。でも気に入らない場所だと消えてなくなるという、気難しさも持っている。
一度場所を気に入れば、毎年ひっそりと咲いてくれます。
毎年寒い寒い時期に、この芽出ているのを発見すると「もう少しの我慢で春がやってくる」といつも嬉しくなります。今年は千葉にも大雪が積もって「もうダメかな」と思いましたが、たくましく生きていたのです、この小さく愛らしい花は。

私の好きな花は、すずらん→
b0036381_26355.jpgスノードロップ、
スノーフレイク(鈴蘭水仙)↓b0036381_1314115.jpg









タマスダレ↓b0036381_133036.jpg等、

どうも「素朴で白い花」のようです。
派手な色もなく、流行のガーデニングに合うわけでもない、昔から路地裏などに咲いているような、切り花にはとてもできない草花。(すずらんは切って飾れるけど)なぜかそういうものに惹かれます。




どうしてかな?と考えたら、どうも「ないものねだり」・・・そう、自分のイメージとはかけ離れているものに惹かれているのかしら、って気がしてきた。
一度だけ、ずいぶん年上の女性に「あなたはヒマワリみたいね」といわれたことがある。それは、たぶんほめ言葉であったはずだ。ヒマワリのイメージ・・・明るく、太陽に向かってさんさんと元気に咲く花。って感じでしょ。決してネガティブなイメージではない・・・と思う。
でもヒマワリってよく見ると、花としては、きれいとかカワイイっていえないのではないでしょうか。b0036381_1412986.jpgだいたい、大きいものは2メートルくらいの巨大な草丈になって、ドーン、とバカでかく立っているでしょ。繊細さのかけらもない。それが枯れたときはまた醜いったらありゃしない。




それに、アップでみてください、茶色の種の部分。b0036381_1422811.jpg





グロテスク・・・じゃない?





う~ん、私はヒマワリかぁ・・・だから、白くて小さくて可愛らしい花にあこがれるのかな。
最近ミニひまわりとか、いろんな品種が出てるけどね。
でも、私の中でイメージするヒマワリは小学校2年生の理科の授業で種を植えた、あの大きいヒマワリです。1年で植えた朝顔といわれたほうがまだよかったわ。
ちなみに、男性からは生まれてこのかた、一度たりとも花に例えられたことはない(T_T)

先日、道端にホトケノザb0036381_2142530.jpgが、花こそ咲いてないけどいっぱい出ているのを見て
「そうだ、雑草の季節だ」と嬉しくなった。
とにかく、春はもうすぐそこまで来ている。
どんな春になるかはわからないけど、春は春なのだ。(??)
お気に入りの草花を見に行くため、閉じこもってないで少し外に出てみようかな。
元気を出して、歩いてみようかな。
[PR]
by gbsatomi | 2006-03-06 01:50 | FLOWERS


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

フォロー中のブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧