<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コムスメのコスメたち Part3

(またまた題名改めました)
寒くなってまいりました。
メイクに気合いの入る季節です。だって、汗で流れることもなく、それにもうすぐ忘年会やらクリスマスや新年会など、おめかしして出かけたくなること目白押しじゃないですか。
日焼けの心配もないので日焼け止めを塗ることもない。つまり、素肌を生かした本当のメイクができるこの季節は好き。(ただし最近メイクどころじゃないんだけどね)

そこで、久々におすすめコスメの紹介などをしてみましょう。
財政難のおりから、どうしてもチープコスメに走ってしまうのですが、最初は見栄をはって?ブランドコスメ。やはりいいものはいいのです。

かの美容ジャーナリスト、齋藤薫さんが「たかが水とあなどることなかれ。化粧水にこそ、各メーカーの真の実力が出ている」と書いていた記事を妙に覚えています。なぜかというと美容液やクリームに比べ、化粧水は誰だって絶対使うもの。だから化粧品メーカーは化粧水に手を抜かない、という論理です。なーるほど。
それを実感したのが、Diorの「カプチュール スカルプト10 ローション フェルムテ(CAPTURE SCULPT10 LOTION)」。b0036381_010251.jpg
実は、私も化粧水は最近全然力を入れてなかったのです。だって、乳液とか塗る前の水分補給でしょ、安いのでいいや、と思って。だからもらいものとか、ネーミングに魅かれて買ったものとか、とにかくお金をかけてなかったのです。
で、化粧水が切れたとき「何にしようかなあ」と思ってディスカウント化粧品屋さんに行き、偶然セール中だったこれを見かけたわけ。そのとき齋藤女史の言葉を思い出し、「たまにはまともなのを使ってみるか」と買いました。¥5000→¥3780だったし。

ところがやはりいいんです、これが。もう肌への浸透度が違う。
これだけをたーっぷり塗るだけでも、コンディションのいいときはOK!って感じ。
もち肌とほめ言葉をもらったのも今は昔、さすがに寄る年波に勝てるはずなく、ましてや不摂生&ストレスだらけの生活で衰えまくりの現在。若い頃は「ただの水」でよかった化粧水も、潤いをたっぷり求めたい肌になっていたのだと実感。つまり、化粧水にもお金をかけなきゃいけないトシになってしまった、ということ。
これを使ってしっかりケアした翌朝のメイクののりはやはりいい。ということで、手放せなくなってしまうかも。ああお財布事情が・・・・・

もうひとつの見栄張りコスメ、それはNINA RICCIのフラッシュリフト・セラム。
(仏名:コンセントレ・タンスール) これは私の超定番、「バーズオパラサン」(下地)の前に使っていますが、準定番になりそうです。
b0036381_0114854.jpgだって、すーっと伸びて、肌がなめらかになるのです。毛穴を全部埋めてくれるような感じ。べたつきすぎないのもいいです。同じブランドのせいか、「バーズ・・」との相性は抜群、バーズが毛穴落ちしません。最後まで使いきれる優秀容器もイイ。この上に塗るファンデーションもニナリッチにすると最強?と思いつつも、家にあるファンデをなくなるまで使う毎日です。ちなみにこの価格、うーん、セールで¥5400くらいだったかな?(覚えてない)たぶん定価は¥7000くらいのものです。


さてさていよいよ金欠わたくしの本領発揮、チープコスメのすぐれものご紹介。
まずはかわいくリップグロスなど。
「メイベリン ウォーターシャイニーグロス」¥800
b0036381_0125693.jpgこれは変なグラマラス感の出ないグロス。水のバリアを1枚かけたような仕上がりで、縦ジワの多い私の唇にピッタリ。
なんといっても気に入ったのが、液もれしない容器なのです。
グロスって各社いろんなのがあって、なかには一目ぼれしちゃうようなステキな容器もあり、つい化粧ポーチに入れて持ち歩きたくもなるじゃないですか。で、気づいたら「なんかこのグロス、ベタベタしてる…」ってことありません?あれってふた(アプリケーター部分)と本体部分のかみ合わせが悪くて、使えば使うほどあの真ん中の部分に液がたれるんですね。持ち歩く、ってことは逆さにも斜めにもいろいろなるわけで、このメイベリンのは、どんなに傾けても絶対液もれしないというすぐれもの。これは絶対おすすめです。

お次はリップクリーム。「資生堂ウオーターinリップ・くすみ色リセット」。
b0036381_013564.jpgもうこれは何といっても「くすみをリセット」というネーミングにひかれて買ってしまいました。近所のスーパーで特価¥398。安かろう悪くはないけどそれなりだろう、と思ってましたが、これが想像以上に良かった!資生堂は「スペシャルリップクリーム」¥1000というすぐれものがあるんだけど、さすがにリップに千円は高すぎる。というのでしばらくはこのお世話になりそう。これを塗ってから口紅を塗ると口紅そのものの発色に感じるのですが、ネーミングにつられすぎかな。だまされやすいの、私・・・。

さてアイメイクに欠かせないアイライナー。ここのとこ4年くらいこのコンビで落ち着いています。まず「キスミー フェルム クイックアイライナー」これたしか¥500。
硬すぎも柔らかすぎることもないほどよい硬さが魅力。そしてこのおしりの部分についてるチップがいいんです。さっとラインを描いたあと、これでツンツンツン、とぼかしますが、この肌ざわり、安いわりには優秀なんです。そしてなんとあのメイクアップアーティスト、藤原美智子さんが、自分用に使ってるって雑誌で読んでびっくり!(でもね、これ現在廃盤みたい。リニューアルしたと思います) b0036381_0152616.jpgそうして、まつげの間を埋めるようにアイラインの下地を描いた後は、「資生堂セルフィット ワンタッチアイライナー」¥1000でその線をなぞります。筆ペンタッチで描きやすくていいのです。同じようなブランドコスメだとこの4倍の値段でしょ、だからこれで十分なのです。



手荒れの季節。ハンドケア商品はジプシーのように探してきました。だって私の手の甲、すっごくきたないんだもん。全身の中でここだけキメが荒く、シミもある。Diorのハンド用美容液¥4000を買ったこともあります。でもそんなのってドバドバ使えない、貧乏性なのです。そんな私が出来心で買った「コーセー HAPPY BATH DAY ハンドエッセンス」¥1000。b0036381_0173167.jpg「ハンド用美容液」ってちゃんと明示されています。容器のデザインはいまいちだけど、プッシュ式ボトルで使いやすい。おまけにカサカサの手が、これを2~3プッシュ押してつけるだけで、しっとりすべすべになります。いいもの見つけた気分。でもね、残念なのはこの香料。なんとも安っぽいローズの香りで、あまり好きじゃないのです。これじゃ無香料にしてくれたほうがどんなに良かったか。この商品、「ハッピーバスデイ」というラインナップで、入浴剤からボディソープなどたくさん出ているうちの一つですが、全部にこの香料が使われてるのかしら。

さて今回最後の登場はヘアケア製品。
これ、近所のドラッグストアのPB商品だから、どこにでもあるわけじゃないんだけど。
「レメディ リキッド」といいます。毛髪間充物質補修剤、と大層に書いてあります。b0036381_01913.jpg
最近折れ毛が多くて困ってたので、「矯正パーマの髪に最適」と宣伝されてたこれを手にとってみたのでした。うん、「ウエラ ジェントルケア リキッド」に似ている。ケラチン配合だって。¥840だし、まあ買ってみるか。。。
そして使ったらその実力、かなりイケてました。スプレーしてブローしたらあら不思議。折れ毛が消えている!ちょっと感動ものでしたね。
ただこれね・・・ケラチンの匂いが・・・魚のにおいなの(泣
前に美容院でトリートメントしたとき、「お魚のケラチンが入ってるのでちょっと臭います」と言われたことがあるけど、これも同じ。人前に出るときは使いたくない、困ったすぐれものなのです。

さて、やはりエンゲル係数が日増しに増大する我が家では、私の美容にかけられるお金は削るしかないわ、だからこれからもチープコスメの掘り出し物を探すぞ~!などと殊勝に誓った私のもとに、春先に行ったYSLのカウンターから悪魔のささやき?のようなDMが届きました。
b0036381_0273359.jpg

「12月2日限定販売。ゴールドセレブレーションパレット “ラブ エクスプレッション”」―大切な人へ想いを込めて。ハートを開いてあなたの“愛を表現”する方法―だって・・・何よ、これ。宣伝コピーには惑わされないけど、魅力的じゃないですか、このパレット。アイシャドウ3色、リップ2色、グロス2色。写真ではわからないけど、真ん中がハート型!乙女心をそそられます。(あ、元乙女です、失礼!)この時期どのブランドも出す「クリスマス限定品」。過去にもいろいろ買って、あまり得した覚えはなかった。でも、このパレット、私のメイク心をそそります。
ほ、欲しい・・・ああ、「殊勝な誓い」はどこへ?
[PR]
by gbsatomi | 2005-11-22 00:30 | BEAUTY

愛はかげろうのように

「I’ve never been to me」by Charlene (愛はかげろうのように : シャーリーン)
私のカラオケフェイバリットソングです。まずは聞いて↓ください。 
 http://www.youtube.com/watch?v=I7NFKwPWIJc&feature=related                
Hey lady, you lady             ねえ、貴女、
Cursin' at your life             人生に不満があるんじゃない?
You're a discontented mother    自分は不機嫌な母親であり、
And a regimented wife          がんじがらめにされてる妻だと思ってるでしょ。
I've no doubt you dream about   とても実現できないようなことを
The things you'll never do       夢見ているんでしょ。
But                        でもね
I wish someone had talked to me  私、貴女に話したいことがあるの。
Like I wanna talk to you...       誰かが私にもしてくれたらよかったのに、
                          と思う話をね。

Ooh I've been to Georgia        私、ジョージアやカリフォルニアにも行ったのよ。
and California
And anywhere I could run       行けるところはどこでもね。
Took the hand of a preacher man  牧師の手をとって、
And we made love in the sun      太陽の下で禁断の愛を交わしたりもした。
But I ran out of places          でも、自由になりたかったから、
And friendly faces              いろんな場所や、親しい人たちからも
Because I had to be free         逃げ出したの。
I've been to paradise            私、パラダイスに行ったのよ。
But I've never been to me       でも、自分の居場所を探せなかった。

Please lady, please lady          ねえ、貴女お願い、
Don't just walk away            立ち去らないで。
'Cause I have this need to tell you  だって、あなたに言わなきゃいけないから。
Why I'm all alone today          なぜ私が今、ひとりぼっちかってことをね。
I can see so much of me         あなたの瞳の中に、まだ生きてる私が
Still living in your eyes           とてもよく見えるの。
Won't you share a part          たくさんウソをついてきて
Of a weary heart               疲れきった心を
That has lived million lies        少し分かち合ってくれない?

Oh I've been to Nice               
and the Isle of Greece               ニースやギリシャの島にも行ったわ。
While I sipped champagne on a yacht    ヨットに乗ってシャンペンを飲みながら。
I've moved like Harlow in Monte Carlo    モンテカルロのHarlowみたいに振舞い、
And showed 'em what I've got    手に入れたものを、みんなに見せびらかしたの。
I've been undressed by kings          王様たちに裸にされて
And I've seen some things            女が見なくていいようなものも見てきた。
That a woman ain't supposed to see
I've been to paradise                私、パラダイスに行ったのよ。
But I've never been to me           でも自分の居場所を探せなかった。

(spoken)
Hey, you know what paradise is        ねえ、パラダイスって何だか知ってる?
It's a lie                          そんなの虚構よ。
A fantasy we create about people      それは創られた幻想。
And places as we'd like them to be     こんな人になりたいと思ったり、
                               こんなところに行きたいと思うことなの。
But you know what truth is           本当のパラダイスってね、
It's that little baby you're holding       あなたの可愛い赤ちゃん、
And it's that man                   そして今朝、
                             あなたが喧嘩した彼との暮らしにあるのよ。
you fought with this morning       
The same one you 're going to make love   その彼と今夜また、愛し合うでしょ?
with tonight
That's truth, that's love            それが現実、それが愛というものなの。

Sometimes I've been to cryin'      生んであげられなかった子どもたちを想い
For unborn children              ときに涙することもあるわ。
That might have made me complete  子どもがいたら満たされたのかもしれない。
But I , I took the sweet life         でも、私は優雅な生き方をとったの。
And never knew                  その優雅さが苦痛になるなんて
I'd be bitter from the sweet         思ってもみなかった。
I spent my life exploring            厄介でみだらなことに人生を費やし
the subtle whoring               切り開いてきたの。              
That cost too much to be free      自由になるために大きな犠牲を払って。
Hey lady, I've been to paradise      ねえ聞いて。私、パラダイスに行ったのに
But I've never been to me        本当の自分を見つけられなかったの。


1982年のヒット曲です。何年か前にドラマの主題歌になってたから、ご存知の方も多いはず。
これは邦題のつけ方が抜群に上手いと思います。
楽曲のイメージ、そしてシャーリーンの、まさにかげろうのようにはかなく切ない声にぴったり。
そして、これを歌ってていつも思うこと・・・この歌詞ってなんか、心に触れるものがあるのです、漠然としかつかめないけど。。。と思い、調べてみました。

つまりこれは、K姉妹みたいなゴージャスな生活をしているけど、心満たされないセレブ(K姉妹が真のセレブかは眉唾ものだが)の女性が、ありふれた普通の主婦に「平凡であることが一番幸せなのよ」と言ってるメッセージソング。なのかな。
ちょっと踏み込んで「日常の生活を不平不満だらけで過ごさず、自分の居場所があるということに感謝して生きてね」ともとれるでしょう。

一度しかない人生。「究極の選択」でどっちをとる?って言われたら・・・・・
う~ん。やはり普通の人が経験できないような、ゴージャスセレブライフをとるかな。
でも、若くて美しい時期はちやほやされても、「花の命は短くて」だしね。
平凡で美しくもなく、裕福じゃなくても、愛する家族がいて、穏やかにトシをとっていくのがやはり幸せなのかなあ。
「隣の芝生は青く見える」とはよく言ったものですね。

そうだ!中間をとって「ちょっとゴージャスでほぼ平凡」な人生がいいな!
まあ、なんて欲張りというか、どっちつかずなんでしょう。
こういう人間は幸せになれませんね、努力もしないでね。。。(反省

シャーリーンって一発屋と見なされてるみたいだけど、スティーヴィー・ワンダーとデュエットしたり、今でも公式HPがあったり、地道に活動しているようです。
b0036381_16573076.jpgただ日本では、カラオケによってはこの名曲がないこともあるんです。
いい曲ですよね?すべてのカラオケメーカーがこの曲入れてくれたらいいのにな。
[PR]
by gbsatomi | 2005-11-11 17:07 | MUSIC


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

フォロー中のブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧