<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ミュージカル WE WILL ROCK YOU を見る

友達が間違って買った「夜の部」のチケットを買い取り、息子2人を連れて見に行くことになった。
熱烈なクイーンファンというわけじゃないが、1979年の武道館公演は見に行ったし、アルバムも持っている。一世を風靡したバンドでありながら、フレディをネタにさんざん笑わせてもらった、私にとって特別な思いのあるバンド。その名曲の数々をモチーフにしたミュージカル。まあ、たまにはいいでしょうこんなのも。夏休みだしね。
b0036381_049599.jpg


というわけで、ママと呼ばなくなった息子たちを連れていざ新宿・コマ劇場へ。
「いい?新宿は渋谷とは桁ちがいなのよ。離れて歩いちゃだめよ。それにこの歌舞伎町ってところは日本一の歓楽街(というかアレなんですよね)。あなたたちみたいな子どもがぼーっと歩いてると、何されるかわからないわよ。オカマバーにスカウトされたり・・・」と脅しをかけておいたせいで、彼らはあまり距離をあけないで私についてきた。「いつもより早足だね」と長男が言う。そう、何を隠そう母の私がちょっとびびっているのです。何をしているのかわからない怪しいお兄さんたちと、おどろおどろしい文字と色の看板、ネオン。郊外に住む主婦を十数年やっていると、こういうものにどんどん免疫がなくなり恐さが増していく。まあ、お兄さんたち(オネエさん?)から見ると「おばさん、あなたのほうがずっとコワイわよ」と言われちゃうかもしれないけど。

そうしてたどりついたコマ劇場。おお、これがテレビで見たフレディ像だ!思ったほど大きくない。そしてそのあたりにたむろっている人々は、予想通り中年女性が多かった。
というか、正確には中高年―50代、あるいはそれ以上のように見える人が多かったのは予想外だった。私なんて若い部類のおばさんだ。リアル・クイーンファンの最年少世代が私より少し下なので、なんでこんなにトシとった人が多いのかな?と思った。が、正面玄関に堂々と「○○社関係者様受付」などと数社の名前が書いてあるのを見て合点がいった。招待客が多いのだ。私なんか大枚はたいて買ったのに・・・な~んて野暮なことは考えない。さあ、早く入場してこの雰囲気を楽しまなくちゃ。

コマ劇場は客席数2092、後ろの方だった私の席でも舞台がよく見える。
息子たちは少し離れた席なので私は1人で座った。左隣は会社帰りのおちついた中年カップル、右どなりは20代とおぼしき女性4人組だった。ここまではよかった。しかし後方に何か強力な殺気というか磁力を感じた。
振り向くと、後ろにずらーっと1列12人、全員60代と思えるような恐怖のおばさん軍団が!その雰囲気やいでたち、どうも見てもクイーンを知ってるようには思えない。
ちょっと、いや~な予感がする。
でも、まあいいや、人を年齢や見かけで判断してはいけません。私だってそのうちトシをとるし、50、60になってもROCKが好きでいたいのに、年齢だけで若者たちに拒絶されたら悲しいから。と、おばさん達に変な先入観を持った自分を戒める。
そして、いよいよ開演!

このミュージカルは、ブライアン・メイとロジャー・テイラーが監修したといい、3年前、ロンドンで上演されたらしい。今回日本公演のキャストはなぜかすべてオーストラリア&ニュージーランド人。ミュージカルとしての踊りや構成の良し悪しはわからないが、歌唱力はどのキャストも素晴らしかった。本物のフレディは、ライブでは高音が出ないことが多く声量もなかったので、ボーカルに限っていえば物足りないこともあったが、(それを補ってあまりある存在感があったが)ミュージカル俳優たちは皆、完璧にCDどおりに歌いこなしている。男性も女性もオリジナルキーで歌っているのはさすがだった。
(ヒロイン・スカラムーシュ役のオーストラリア訛りはやめてほしかったなあ。BABYをバイビーと言うんだもん)

そして私の目を釘付けにしたのが、舞台の両脇にあるガラスばりのブースにいるバンドの生演奏。向かって左にギター2人とベース&ドラムス、右はキーボード3人&パーカッションという陣容。この演奏がものの見事に「完コピ」である。ギターはもちろん、ブライアンのレッド・スペシャル。本家のふくよかな音とはいくぶん違う気もしたが、フレーズはCD完璧コピーでこれは感涙ものであった。
コピーで感涙?と言ったら不思議かも知れないが、本物のクイーンが演奏しているわけないとわかっているのに、CDとほとんど変わらぬ音で生演奏そして完璧なボーカルが聞けるということに、とても興奮してしまった。
例えば、「ボヘミアン・ラプソディ」など、本家のライブでも中間部分(ガリレオ・ガリレオ…のあたり)はスライドを上映してテープを流していたが、演奏からコーラスからすべて生で完璧に再現するのだ。これは凄い!クイーンの楽曲を知り尽くしている人ほど、満足度が高かったのではないだろうか。そう思えるほどの高度なテクニックだった。

右のブースの、最前列にいるキーボーディストは自分が弾かないときは、指揮をするのが面白かった。バンドに指揮者がいるなんて。リズム隊が逆側ブースだからそれもありなのかな。とにかく舞台以外にも、そんなバンドの様子を見るのも興味深かった。

ところが、ある場面でセリフが続いたとき、さきほどの「いや~な予感」が当たった。後ろのおばさまたちがぺちゃくちゃ喋りだしたのだ。
「あのギター、いい男ねえ」「どれどれ?」「ほら、あの左から2番目、いい男!」「のど飴持ってるわよ」「食べる?」「あたしもちょうだい」・・・・・ガサゴソと袋を開ける音。
もう~っ!!せっかくお芝居として盛り上がっているのに~。後ろを振り向いてにらみつけましたよ、さすがに。そしたら静かになったけどね。

ストーリーは荒唐無稽というか、まあクイーンのヒット曲を演奏するために無理やりこじつけて作った話だから、なんとなくつじつまが合わないのは仕方ない。未来の話で、自由な音楽がなくなりすべてが画一化された中で、ガリレオという名のヒーローとスカラムーシュというヒロインが、かつて自由に楽器を使い自由な音楽を奏でていた頃を目指して、伝説のギターを探す旅に出る、といったものだ。その場面場面にクイーンのヒット曲を次々と散りばめている。
その中で、夭折した伝説のロックスターとして、ジミヘンやジャニス・ジョプリン、ジム・モリソン、マーク・ボランなどの名前が読みあげられ、顔がスクリーンに映る場面があった。一呼吸おいて「John Lennon」の声とともにジョンの顔がスクリーンに映ったとき、場内が一瞬息をのんだように感じたのは私だけかな?そして二呼吸おいて
「・・・・・Freddie」  ここは感動的だった。(この中に、日本向けなのかなぜか尾崎豊も入っていたのは違和感があったが)

最後の方はクイーンファンでなくても知っている名曲ラッシュ。
「We will rock you」が始まると場内総立ち、「ドンドンパン」のリズムに合わせて皆、両手を振り下ろしもうライブ状態である。みんなトシなんて忘れている。
ここから「伝説のチャンピオン」「ボヘミアン・ラプソディ」「ボーン・トゥ・ラブ・ユー」と怒涛のように続くクライマックス。歌・演奏ともに完璧。ビジュアルはミュージカルならではの華々しさ。最高でした!!

と言いたかったのだが、またあのおばさまたちにしてやられた・・・(泣)
「ボヘミアン・ラプソディ」のイントロがが絶妙のタイミングで奏でられ、主役ガリレオが「Mama~, just killed a man ~」と情感たっぷりに唄い始めたとき・・・・・

「じょうずねえ~(うっとり)」「いい声ねえ~(うっとり)」 また始まった!
お願い!お願いだからやめて~~(号泣)

人は見かけで判断せよ。悪い予感は当たる・・・のかも知れない、とつくづく思った、クイーン漬けの一夜でした。
(結論) クイーンの曲を好きな人なら見て損はありません!
b0036381_0494819.jpg


帰りの電車の中で、マチネーを見た友達が「良かったでしょ!ライブも行こうよ!」とメールしてきた。さいたまねぇ、どうしようかなあ、ポール・ロジャース・・・・・

More 
[PR]
by gbsatomi | 2005-08-20 01:06 | MUSIC

咲いた咲いた!可哀想な名前の花

我が家のシェードガーデン、手入れをしないで放っておいたら・・・
あーあ、グランドカバーのセイヨウイワナンテンが伸び放題。
ところがそこに・・・な、なんとあの可憐な花が!

びっくり!我が家のそばでは見つからなかった、「ヘクソカズラ」です。
わあ、うれしい!だってこの花、かわいいでしょ、真っ白な頬の少女が赤い口紅さしたような。
なのに、この名前。かわいそうだよね。

我が家は公園や遊歩道に囲まれた環境なのに、今まで見つけたことなかった花が、花壇に咲くなんて。
何かいいことあるかなあ?あればいいな!
b0036381_7312195.jpg


More
[PR]
by gbsatomi | 2005-08-14 07:32 | FLOWERS

兄弟 【Part2 ママと呼んでよ!】

この夏は、結構母親業に勤しんでいる。(つもり)
中3の長男は部活もなく、一日中家にいる――お昼の用意をしなければいけない。
中1の次男は、野球部に入り毎朝早く、お弁当持ちで出て行く――ドロドロのユニフォームの洗濯は、彼が小3のとき少年野球に入って以来、5年目だ。
部活生活ならば、早起き&お弁当作りさえクリアすれば日中は解放される。
部活がないならないで、朝寝坊もできるし、ダラダラとゆったり生活できる。(これがいけないのだが)
この両方を兼ねなければいけないのは、不良母にとってはかなりツライ。
つまり、朝早く送り出した後は、昼も食べ盛りの食欲を満たさなければならず、夕方は「腹へった~」と言って帰ってくる子の間食(おやつ、などというものでは足りない)を用意し、ほっとした頃「今日の夕飯まだ?」と聞かれる。
ああ、学校給食さまさま!
家庭内での私の仕事は、いよいよ飯炊き女と洗濯女に限定されてきたようだ。

加えて、ここのところ長男が足を3針縫うケガをしたり、次男が1週間熱を出して寝込んだりと、すっかり縁がなくなっていた病院通いをせっせとするハメになってしまった。
久しぶりに、良い母親になった気分だ。
(熱出したり、ケガしてるのだから少しはやさしくして、世話をやいてあげよう)
と思い、それぞれのリクエストになるべく応じた。
「お茶ちょうだい」 「はい」
「ティッシュとって」 「はいはい」
「リモコン貸して」 「はい、どうぞ」
「ぼくのMD知らない?」 (いそいそと探す)

普段なら、「自分でやりなさいっ!」と言うところをググっと飲み込んで、まめに世話をした。すると、どうでしょう。彼らつけあがる、調子にのる。2人ともすっかり良くなっても、一度甘やかすともうダメ、母を女中代わりにしている。
私が別室にいても、「ねえ、飲み物持ってきて」「着替え持ってきて」「ねえ・・・」「ねえ・・・」
んん・・・もうっ~!「自分でや…」と言いかけて、ふと気づいた。
彼ら、私のことを呼ばない。
つまり「ママ」と言わないのだ。
今までなら、別の部屋にいる私を呼ぶときは「ママぁ~。○○○○」と言ったものだった。
(ママ、って呼ぶのが嫌になったのかしら)

よーし、こうなったらママと言うまで、聞こえないふりをしてやろう。キッチンで炊事をしながら、リビングにいる彼らのリクエストを待った。

「ちょっと~、ここにあった漢字のプリント知らない?」「・・・・・・」
「ねえ、漢字のプリント」 「・・・・・・」
「ねえ、あのさあ、漢字のプリント知らない?」 
「誰に言ってるの!?」と、わざとらしくリビングに顔を出す。
すると、次男はバツが悪そうにあごをキュイ、と上げて私の方を指し示した。
「えっ!?」  「・・・そっちだよ」
「そっち、ってママのこと?」  (うなずく)
あーあ、こちらから名乗って事態を収拾してしまった。
「ママを呼んでるんだったらママ、って言ってよ~。お兄ちゃんに言ってるのかと思ったよ」と、作り笑いをしながら言う。私の負け!

自分が両親をパパ、ママと呼んできたので、子どもが生まれたときも迷わずそう呼ばせた。Dも子どもの頃はそう呼んでいたので、抵抗はなかったようだ。ただし、今では「オヤジ、オフクロ」と言っている。「中学のとき、自分から呼び方を変えた」らしい。
う~ん。やっぱり男の子はいつまでも「ママ」って言うのがいやなのかなあ。
そういえば、兄が中学の頃、友達を何人か家に連れてきたとき、別室にいる母を呼びたいのに呼べず、わざわざ私の部屋まできて小声で言ったことがあった。「ママ呼んできて」。
自分で呼べばいいのに、なんで私に呼びに行かせるのかな、と思ったものだった。
仲間の前で、大声で「ママ~」 と呼べなかったのだ。
Dも兄も中学生のときに、母をママと呼べなくなっている、ということはわが子たちも・・・
そうかぁ・・・いよいよか。

でも、いやだいやだ。私、まだ「オフクロ」なんて、呼ばれたくないわ。
というか、一生「ママ」と呼ばれたい。だめ?こういうの。
男からすると、ママという呼び方はマザコンのように感じるのだろうか。
かといって、ごく一般的かつ普遍的な「おかあさん」と言われるのも、なんだかしっくりこない。(自分が母のことをそう呼んでなかったからでしょう)
あなたたちの母は「ママ」なのよ、ママはママなの!と言いたい気持ちが、なんだか負け犬の遠吠えのように思える。別に競争じゃないのにね。

これも「親ばなれ」の第一歩なのだろう。
でも既に予兆はあったんだ。昨年、私は長男が私と並んで歩かないことに気づいた。
人込みの中で長男がはぐれないように、私は気を使いながら歩いた。「なんで、あんなに歩くの遅いのかしら」
ときおり私が立ち止まって待ってても、わざと私を避ける位置に来て、またのろのろと私から離れて歩き出す。「一緒に歩くの、嫌なんだ」 と初めてわかった。

何でも兄の真似をする次男は、今年中学に入るとすぐにその傾向があったので、あるとき聞いてみた。「なんでママと並んで歩くの嫌なの?」
「誰かに見られるからだよ」 「誰も見てないよ、そんなの」  「・・・・・」
ま、しょうがないか。恥ずかしいんでしょう。これについてはすぐ受け入れられた。
わけのわかってないDは、最近家族で出かけたとき、二人がずいぶん離れたところからのろのろついてくるのに業を煮やし、「おい!何やってんだ。早く歩けよ」と言った。
「親と一緒に歩くのが嫌なのよ」 私は余裕で言った。

でもでも!「呼び方」については、ママ以外は受け入れられません。
さあ、明日から旅行なのだが、彼らは四六時中親といて、私を何と呼ぶことでしょう。
昔のように「ママ」と呼んでくれるだろうか。
そして、旅行から帰ってきたらミュージカル「We will rock you」に連れていくんだわ。
ちっちゃいとき、「カクレンジャーショー」や「ウルトラマンフェスティバル」を見にいったとき以来の、母子揃ってのイベント参加。
歌舞伎町で、わざとさきさき行っちゃって迷子にしてやろうかな。
で、「ママ、ママ~っ」と呼ばせる。ウッフッフ・・・
でも、こちらが迷子になる可能性大・・・だな、きっと。

悪あがきはやめて、身も心も「京塚昌子ふう肝っ玉母さん」になるしかないか。
ん?白い割烹着着たらもうそのものだよ、って声がどこかから聞こえる・・・まあ、失礼な!!       でも、はい。。。そのとおりでございますぅ・・・

(↓カメラを向けてもこっちを向かなくなった)
b0036381_10514127.jpg

[PR]
by gbsatomi | 2005-08-13 10:52 | DIARY

目に見えないけど、つながるもの

不思議な夢を見た。
父や義姉と、亡き母の法事の段取りを話し合っている。
地方からも大勢の親戚が来るので、万事上手く執り行わなければならない。
お金のことについてふと疑問がわいた。
「ママに電話して聞けばいいんだわ」私は受話器を握った。
母は、私の疑問に明快に答え、電話の向こうでてきぱきと、私に指示をした。
「パパはそういうときはケチだからね、ちゃんと出してもらうように言いなさいよ」
生前、私によくこぼしていた、父への不満まで述べている。
私はその答えに納得して電話を切った。
そして父にお金のことを聞いた。父が話し始めると私はそれをさえぎり、「だって、私、ママに電話して聞いたのよ」と自信満々に言った。こうも言った。
「電話でママと話すなんて信じられないでしょ?でもね、ほんとに話したんだから」
「それで、ママは何と言ってた?」
「えっと、えー、えーっと・・・?(さっき聞いたはずなのに・・思い出せない)」

ここで目が覚めた。
母の夢を見ると、直後はとても嬉しく「ママ、出てきてくれてありがとう」と心の中で言う。しかし、その後すぐ悲しくなる。夢は夢なのだ。
先月、お盆を済ませたが、母は関西出身だったので、「旧盆でやってね」なんてメッセージを発しているのかしら。父も母も次男次女で、仏壇のない家で育った私は仏事に疎く、お盆といっても正直ピンとこないのである。

さて、話はまったく変わるが、私が気まぐれにこのブログを始めてはや10ヶ月。
更新もろくにせず、たわごとみたいなことしか書けず、人様に読んでいただくのもおこがましいものであるが、毎日ほぼ一定のアクセス数があり、ありがたいというか恐縮しております。

ブログの何たるかも認識していなかった私。趣味の仲間が開いているHPの一部、という気持ちで、始めたものだった。近所の友達、学生時代の友達、仕事仲間などに誰もこの存在を教えていない。当然、アクセスしてくれるのはその「趣味の仲間」だけ。
そんなものだ、と思っていた私だったが、昨年、ジョンの命日に書いた記事がきっかけで、「本当のブログの世界」を教えてもらい、目からうろこの思いだった。

ある方が、その記事にトラックバックしてくださった。それは私にとって初のトラックバック体験。その方のブログ、そしてそこに集う方々のブログを見て、どこのどなたとも存じ上げないけど、ジョンに対して同じような思いを持つ、おそらく同年代であろうと思われる方々が大勢いらっしゃることを知り、おおいに感銘を受けた。ネットでジョンのことを熱く語れるということに、とても嬉しくなった。

以後そのような方々のブログを拝見し、その博識や鋭い感性に感心することしきり。
自分の拙いブログはお恥ずかしい限りだが、あえて自分を飾ることなく自然体で書かせてもらっている。(40過ぎてこの自然体の生き方というものが、身についてきたと思う)
そんな私のブログにも、知らない方で時々コメントを寄せてくださる方がいらっしゃり、ふさぎこみがちだった私に、別の方のブログを紹介してくださったりと、なんだか新しい世界が開けたようで、とても感謝している。
また、ある女性は、シークレットでコメントをたびたび下さり、それが縁でメールアドレスを交わすことになり、私の欲していた情報を教えてくださった。
すべて「知らない人」たち。
道で出会っても決してわからない方々なのに、その方たちのブログを読んだり、コメントしたり、レスしてもらったりすると、なんだか文章を通じて心が通じてるのかな、という気がする。
最近、私に初めてTBしてくださった方が、しばらくブログを休止されることになった。
その方のところに、とてもたくさんのコメントが寄せられていた。
賛辞と感謝と惜別の言葉が並び、その方のお人柄を偲ばせるものだった。

目に見えなくても、つながる何かがある。
ネットやメールという手段により、普段しょっちゅう顔をあわせる人からまったく知らない人まで、コミュニケーションをとることができる。
知ってる人にでも、面と向かって言えないことなどを、ちょっとした言葉で表せる。
言葉というものの、素晴らしい力。
でも、生きているからこそ、こういうことができるのだ。
生きててナンボ。故人とは、いかに心がつながっていようが、いかに思いが深かろうが、コミュニケーションすることはできない。
だから、どんなに苦しくても、人間生きていることに価値があるのだ。

ジョンの誕生日に逝った母の、3回忌があと2ヶ月でやってくる。
今朝方の夢の、母の答えは何だったのだろう?

More
[PR]
by gbsatomi | 2005-08-06 21:23 | DIARY


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

お気に入りブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧