A THOUSAND WINDS  千の風になって

Do not stand at my grave and weep,   私のお墓の前で 泣かないでください
I am not there, I do not sleep.      そこに私はいません 眠ってなんかいません

I am a thousand winds that blow,     千の風に 千の風になって
                         あの大きな空を 吹き渡っています

I am the diamond glints on snow,     秋には光になって 
I am the sunlight on ripened grain,    畑にふりそそぐ
I am the gentle autumn's rain.        冬はダイヤのように 
When you awake in the morning hush,  きらめく雪になる
I am the swift uplifting rush         朝は鳥になって 
Of quiet in circled flight           あなたを目覚めさせる
I am the soft star that shines at night   夜は星になって 
                         あなたを見守る

Do not stand at my grave and cry.    私のお墓の前で 泣かないでください
I am not there, I did not die.         そこに私はいません 死んでなんかいません
                           千の風に 千の風になって
                           あの大きな空を 吹き渡っています
                           
                                         (日本語訳 新井 満)
***********************************************************
昨年の紅白歌合戦で、テノール歌手、秋川雅史が歌ったこの歌。
リビングで息子たちと見ていた私は、初耳だったこの歌が始まるとき、
本能的に心をロックした。
そして、歌唱にのみ、聞き入った。
       ↓
    (これです)
圧巻だった。
寸分の狂いもない音程、完璧なブレス。
人間の声帯は、かくも素晴らしい声が出せるものなのか。
テノール歌手としては、決して美声ではないと思うが、とにかく素晴らしい歌唱に酔いしれた。

あえて、歌唱を味わうことだけに、心を設定したのだ。
なぜなら、私は決して息子たちの前で母を思い出して泣くまい、と決めているから。

この歌詞。
親しい人を亡くした人も、そうでない人も、心に響くでしょう。

昨年亡くなった旧い友人、Mamiが闘病中に
「私は、(死んだら)分裂して、みんなに会いに行くの」
と言ってたことを、関係者の方から聞いた。
(そして、本当に会いに来てくれたんです)

この歌詞とオーバーラップしてしまった。

私は、母のお墓参りをするとき、いつも明るく振舞う。
本当は泣きたいのに。
いつも親族の誰かと一緒だから、偏屈な私は涙のそぶりもみせない。

いつかは、さめざめと泣いてみたいと思っているけど。

この歌詞の由来については、新井 満さんのサイトに詳細が載っています。
元は、欧米で伝承されている詩のようです。

地上にいる人が亡き人を想う心と、
天国に行く人が、残される人々に託す想い。
これは、古今東西、変わらないのかも知れない。

お涙ちょうだい的な歌を嫌がる向きもあるかもしれないけど、
私は、あえてこの詩にすてきな訳と曲をつけてくれた新井 満さん、
そして、歌ってくれる素晴らしい歌手の方々に(秋川さん以外にも、新井さん本人、
そして新垣 勉さんもレコーディングしている)
ありがとう、と言いたい。



Do not stand at my grave and weep

Words by Mary Frye

Do not stand at my grave and weep
I am not there, I do not sleep
I am in a thousand winds that blow
I am the softly falling snow
I am the gentle showers of rain
I am the fields of ripening grain
I am in the morning hush
I am in the graceful rush
Of beautiful birds in circling flight
I am the starshine of the night
I am in the flowers that bloom
I am in a quiet room
I am in the birds that sing
I am in the each lovely thing
Do not stand at my grave and cry
I am not there I do not die
[PR]
by gbsatomi | 2007-01-09 00:16 | MUSIC


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

フォロー中のブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧