ジョージのお告げ?

また夢の話になるけど、先日面白い夢を見たんです。
なんとビートルズが、どこかの学校の体育館で演奏している!
b0036381_11222366.jpg
それを私は、舞台の袖で見ているんです。だからよく見えない。
おまけに、その会場自体がユラユラ揺れて、もう「としまえんのバイキング」状態。
船酔いでもするかというような。一人ではとても立っていられず、私も何かに必死にしがみついています。
ビートルズが演奏しているのは「SOMETHING」。
ジョージが、泣きそうな声で歌っている。かなりラフな歌い方です。
でも私は「ああ、ジョージだ、ジョージだ、これが生ジョージの声だ・・・」とカンゲキしています。
そこでハタ、と目が覚めました。

ん?なんでジョージ?おまけに故人が夢の中で声を出している。
前に1度だけ、ジョンが夢の中に出てきてカンゲキしたことあったけど、そのときは茶色の髪の色がとってもきれいで、私はただ傍観者の立場で見てるだけだった。その夢の中でジョンが何かのアクションを起こしたりしなかった。
何か意味があるのかしら・・・?ジョージ。ジョージ・・・・・

実は、私が一番最初に惚れたのはジョージだったんです(ポッ…)
b0036381_1194877.jpg
それが、この写真。
ちょっとしゃくれてるかもしれないけど、カッコいいでしょ?カッコいいと思いません?
この写真に遭遇したのは、初めて買ったビートルズ本です。
いわゆる「ムック」という類の本で、グラビア、音楽評論家による様々な解説や対談から、楽譜まで(ソロになってからの曲もあり)載ってた、初心者には盛りだくさんの楽しい本でした。そこに載ってたこの写真を見て一目惚れ。12歳の頃かな。
ちなみにこの頃、ジョンは「論外」という感じでした。この写真、完全に脱アイドルしてるもんね。1966年頃の写真だと思います。

でも、その後多くのビートルズ本を手に入れ、ジョージの写真もたくさん見ることとなったが、二度と「惚れる」写真にはお目にかかれなかった。かといってジョンの写真に惚れたこともなく、女子には一番人気だったポールにも惚れたこともない。(あとリンゴも)
だからこの写真は私にとって貴重な写真です。ずいぶん前にweb上で発見したときはすごく嬉しくて、いつかブログで使おう、と思いながらお蔵入りになってたのでした。
そうか!ジョージが「あの写真、早く使ってよ」というために夢に出てきてくれたのかも!?

まあ、今またビートルズ漬けになっているので、そんな夢を見たのかもしれません。
明日(26日、土曜日)小さなライブハウスだけど、念願のデビューをすることになったんです。
今回はギターが加わり男性ボーカルになった、つまり私がしょぼいボーカルをとらなくてもいいことになったので、けっこうイケてる音になってきました。それに繰り返し演奏するなかで、ビートルズの奥深さを改めて知った気がします。

例えば「LOVELY RITA」。実はあまり好きな曲じゃなかったのです。2分30秒くらいの小品なんだけど、これってやればやるほど、ポールの極上のポップセンスがぎゅっと凝縮されている曲だな、と思うようになりました。
そういえば、以前ワインセラピストさんが、「GETTING BETTER」のことを賞賛されていましたね。(この記事でした)
アルバム「Sgt.」に入っている曲は、シングルヒットしそうな曲はあまりなくて、単独で聴いたら「これ、なあに」というものも多い。b0036381_11171553.jpgでもよーく味わってみると伊達に「ロックの金字塔」と言われているわけじゃないのですね。
ジョン派の私は、このアルバムではジョンの影が薄くなってきたこともあり、「それまでになかったトータルコンセプトアルバムである」「ジャケットも含めて芸術的作品である」とか、あとはドラッグの香りぷんぷん、とか、そんな認識しか持っていなかったんですが、そんな自分はまだまだ青二才であることがわかりました。
「好きなアルバム」にはならないと思うけど、「評価されるに値するアルバム」とようやく実感できた、というところです、
キーボード二人、という特徴を生かして次回は「BEING FOR THE BENEFIT OF Mr. KITE」をやってみたいなあ。

そういえば、昨日美容院に行ったんだけど、久々に私のお気に入りアシスタントのIさんがいました。彼は今22歳くらいですが、なんとビートルズに詳しいんです。
それもうわべだけの知識じゃなくて、かなり深いところまで。
美容院でぺらぺらしゃべるのは嫌いなんだけど、彼がアシスタントについてくれたときは、もう話が弾みます。若者だから、もちろん私の知らない90年代以降の洋楽についても詳しくて、NIRVANAとOASISは彼から教わりました。b0036381_11192835.jpg
「これだけは押さえてほしいアルバム」というのを、メモに書いてくれるんです。「今度いらっしゃるときまでの宿題ですよ」って。彼に会うのは久しぶりだったので「NIRVANAのほうが気に入ったわ」と言ったら、今度はRADIO HEADを宿題に出されました。

そんな彼が気をきかせて、昨日は店内のBGMをビートルズに変えてくれたんです。
有線なので、ランダムにいろんな曲が出てくる。でもよく聴くとその選曲は突拍子もないものではなく、曲調のつながりを考えてあるような気がしました。
美容院でヘッドスパを受けながら、大好きなジョンの声を聴くのは最高!でした。
行き帰りの車の中では、もちろんライブでやる曲をかけどおし。あまり練習する時間もないので、耳で覚える、体で聴く。(最近このへんの勘が鈍くて。。。寄る年波には勝てない(;_;) とにかく雰囲気をつかもう、と。

さあ、いよいよ明日!
ジョージのお告げは「がんばりなさいね」だった、と勝手な解釈をしてしまおう(笑)
[PR]
by gbsatomi | 2006-08-25 11:26 | DIARY


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

フォロー中のブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧