RUBBER SOUL ジョンの発露・ポールの胎動

40歳で偶然ビートルズ熱が再燃し、その後バンドをやったりこんなブログを書いたりするようになった私は、あらためて「一番好きなビートルズのアルバムってなんだろう?」と考えることがままあった。
いつか、このブログの記事のコメント欄に「私が一番好きなアルバムは、RUBBER SOULではないかと思ってます」と書いたことがある。b0036381_292210.gif

ジョン偏愛の私は、もとから「Sgt.」もそんなに好きじゃないし、「REVOLVER」もそう。「ABBEY ROAD」は好きだけど、よく聴くとB面は未完成曲をジョージ・マーティンマジックでつなげたのと、円熟味を増したビートルズの演奏がいいのであって、ほとばしるような活気があるアルバムではない。そしてこれらはやはりポールのアルバムなのである。
よく言われる「【A HARD DAY’S NIGHT】までがジョンである」という説にはほぼ同意する。
その後、「FOR SALE」を経て「HELP!」は誰もが絶頂だと思っていたジョンの痛切な叫びだったわけだし、アルバム自体はA面映画のサントラ盤という位置づけ、B面はそのころの録音を節操なく並べてあり、あまり高く評価できない。
やはり分岐点は「HELP!」の後、「RUBBER SOUL」である。
これは、ぶっ壊れる直前のジョン――1度頂点に立って、それから迷走を始めるまでのジョンの「嵐の前の静けさ」であり、才能とセンスが凝縮されているのではないか、と思うようになった。

楽曲は、IN MY LIFE、NOWHERE MAN(ネーミング最高)など歌詞も曲も素晴らしいものがある。シュールなNORWEGIAN WOODもいい。あまり評価されてないけどRUN FOR YOUR LIFE(浮気娘なんてアホな邦題はやめてほしい。ん?今はなくなってるのかな)も私は好きだ。ジョンの声が好きな人はこの曲やTHE WORD(同:愛のことば)は好きなんじゃないかな。

ポールの楽曲をみると、DRIVE MY CARでは若い頃からお得意の黒っぽいR&Rボーカルを披露していてgoodだし、MICHELLEではきらめくポップセンスを発揮、よくまあこんなコード進行で洒落たメロディーを、とピアノで弾いててため息がでるほどだ。しかしこの2曲はいいとして、YOU WON’T SEE MEは冗長で散漫、I’M LOOKING THROUGH YOU はサビの部分がつまらない、と「不世出のメロディーメーカー」となるにはまだまだ若く不十分であったと思う。(独断的感想です・・・ポールファンの皆さんごめんなさい)

でもこのアルバムはポールにとっても直後「REVOLVER」で才能を爆発させ、ポール的頂点「Sgt.」につながる布石となる、重要なアルバムであることには違いない。

などと考えていくと、「私ってやはりRUBBER SOUL好きだわ~」という結論に達したのである。
本当は初めて聞いたシタールの音色に魅せられただけかもしれないのに。
いや、そのNORWEGIAN WOODの訳詩を見て、幼稚な中学生がちょっとジョンの声に色気を感じ、ぽっと大人への憧れを感じだだけ、それが好印象のすべてだったかもしれないのに。
いや、IN MY LIFEのピアノ間奏――当時の私には「これはピアノじゃない、チェンバロだ」としか思えなかった、その間奏を耳コピして弾いて悦に入っていたから、それだけかもしれないのに。
いや、NOWHERE MANの歌詞カードを見た兄が「ジョンはここですばやくWHATって言ってるんだよ」と言い、「ゆーどんのー ちょうー みっしん」としか聞こえなかったところに小さくその頃まだ習ってなかった関係代名詞what が入ってて
You don't know what you're missing と歌ってたことに驚き、兄をプチ尊敬したから、だけかもしれないのに。

こうして、「いや、いや」と次々と理由になりそうなエピソードをあげていけるのも、やはり私がこのアルバムを好きな証拠なのでしょう。

そして、結論。
何を言いたかったかというと、4月ごろだったかな、東芝EMIのビートルズオフィシャルサイトで「あなたの好きなビートルズのアルバムは?」という人気投票をやってて、私は「マイナーかもしれないけど」と思いながら、RUBBER SOULに1票を投じたのである。
先日、その投票結果がメールで来てなんと、
1位アビイ・ロード18 %
2位ラバー・ソウル14 %
3位ザ・ビートルズ13 %
4位リボルバー12 %
5位サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド11 %
6位レット・イット・ビー7 %
7位プリーズ・プリーズ・ミー7 %
8位ハード・デイズ・ナイト7 %
9位マジカル・ミステリー・ツアー4 %
10位ウィズ・ザ・ビートルズ3 %
11位4人はアイドル2 %
12位ビートルズ・フォー・セール2 %
13位イエロー・サブマリン

となっていたのです。

おそらく、近年人気の「REVOLVER」あたりが「ABBEY ROAD」と首位を争うのかな、と思ってたので、ちょっと驚いた。
そこには
国内で300万枚のセールスを記録した『ザ・ビートルズ1』がリリースされた2000年11月、アンケート葉書によるアルバム人気投票の結果は『アビイ・ロード』、『レット・イット・ビー』、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンド』が上位を独占しました。あれから6年経ち、やや変化が現れました。
となっていて、たまにこんな統計をとるのも面白いな、と思った。
そして
投票年代はなんと15~19歳・男性が一番多く、続いて40~44歳・男性。ビートルズの音楽が次世代に受け継がれている結果となりました。
だって。やっぱり私、男性・・・?

そのオフィシャルサイトには
皆様から頂いたコメントは来週から年代別にいくつか抜粋して発表していきます。とあったので、もしかして私のコメント、載らないかしら?などと、調子よく考えている。
何て表現したのか、思い出したいのよね。。。
ところでHNはsatomiにはしませんでした。そのHNだけは覚えているけど・・・フフフ、それはヒミツ。
オフィシャルサイトの人気投票結果
[PR]
by gbsatomi | 2006-06-26 02:14 | LOVING JOHN & FAB4


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

フォロー中のブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧