ジョンのこぶしを考える

さて、このコーナーをどう構築するか。
ジョンのことを考えるとき、その想いはとてつもなく広がり、もう収拾つかなくなってしまう。
あれも言いたい、これも書きたい。

と、ブツブツ言っても仕方ない。「Loving JOHN」(これはメイ・パンの著書の題名をパクりました) なんてブチあげた以上、とりあえず思いつくままに書きましょう。

そこで、手始めにビートルズのアルバムを年代順に追って、その中から1~2曲をピックアップ、ジョンの素晴らしいボーカルをわたくしなりに分析する、ということにしました。

まず、デビューアルバム「Please Please Me」。
好きだなあ、どれも。この中から1曲なんて難しいけど、本日のテーマ「こぶし」から言って
「Baby It's you」にしましょう。
これはカヴァーだけど、私はこういう初期のカヴァー曲大好き。まあ、ジョンの声で歌う歌ならほぼ何でも好きなのだが、同アルバムの「Taste Of Honey(by Paul)」なども、初めて聴いたときから気にいった曲です。

ジョンの声。鼻声だけど、透明感がある。力強いのに、切ない。
初期の声は、この「せつなさ」が際立ってました。そこにジョン独特の、誰にも真似のできない節まわし。男も惚れるという、ジョン・レノンの声なんだなあ、これが。

この曲、フラれても、「君なんだ、僕はどうすればいいの?ほかの誰も欲しくない、君だけなんだ」というもともと切ない歌詞。そこでジョンはいきなり「ウォ・ホー~ン(Uh, oh,)」と猫なで声を出します。これこそジョンの奥義。母性本能をくすぐるとでもいうのか。ここで私はKOされました。

この「ウォ・ホー~ン」 は、都合3回出てきます。これだけ嘆かれたら、フッた彼女も彼の元に戻るのでは、と言いたくなるような、すがりつくような「ウォ・ホー~ン」。特に「ホー~ン」の声の抜け方が絶妙。これは、計算してできるものではないでしょう。ジョンだと普通に歌うだけで、あんなニュアンスが出せるんだ。だってこれ、考えてもみてください。普通の男が「ウォ・ホー~ン」なんて言ったら、オカマか何か・・・何でしょう?
恐るべし、ジョンのこぶし。

ではオリジナルも1曲。ここはやはり「There's a Place」でいきましょう。
「When I feel low」の「ロ~オォォォ~」が秀逸です。
それからサビに入る直前、「Like I Love Only You」の「ラ~ァァぁブ」も、ね。
ジョン節全開。こういうこぶしって、作曲したときはもちろん考えてなかったんでしょうねぇ。
歌ってるうちに自然とこうなっちゃうんでしょうね。それがジョンなんだなあ。

ポールの場合、曲によってボーカルスタイルが変わりますね、特に後期に顕著に。「この曲はこういうふうに歌おう」とか、決めてから歌ってるような気がする。器用でいろんな声が出せるからこそ、そうなるのでしょう。いわゆるテクニシャン。
ジョンの場合は、根っからのソウル・シンガー。心の叫びをただ歌うだけ。
なのにそこには、40年経った今も人々の(私の)心をとらえてはなさない、永遠の輝きがあるのです。

語りすぎたかな(^^)
(なお、音源を提供してくださったさつきのじょんどう氏に、この場を借りて厚く御礼申し上げます)
b0036381_3185038.jpg

[PR]
by gbsatomi | 2004-10-09 01:09 | LOVING JOHN & FAB4


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

フォロー中のブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧