Chaos and poor creation in the backyard

さて、新緑まぶしい風薫る5月・・・のはずなのに関東地方ではGW最後からどうもお天気がぱっとしません。そこでお花の話題など。でも我が家のpoor gardenでの素朴な花たちですけど・・・

久々に庭の手入れをしました。
といっても、南側の庭は何もできず、北側玄関わきの小さな植え込みだけ。ま、バックヤードです。といっても玄関なんだからバックと呼べないんだけど、メインではないので。
ここは日当たりの悪いシェードガーデン・・・といえばカッコよく聞こえるが、ここ2、3年ほったらかしにしておいたせいで、低木から雑草までが混沌とひしめき合う、武蔵野の原野を箱庭にしたようなスペースになってしまった。もともと植わっていたグランドカバー類の隙間に、日陰を好む植物を主に植えていたが、いくつかはダメになり、今生き残っているのは「日陰に耐え」何も手をかけなくても毎年咲いてくれる宿根草たち。ありがたい。

私の一番好きな花、すずらんが咲きました。
b0036381_22342772.jpgう~ん、可憐で清楚。
香りも大好き。
若い頃使ってたフレグランスはこの花をベースにした「Diorissimo」でした。






これはセイヨウイワナンテン。
b0036381_22381115.jpg
グランドカバーだからいつも低く刈りこまなきゃいけないんだけど、花の季節が終わってからにします。
地味ながらなかなか味わいがあるでしょ、この花。







アジュガです。この花、1ヶ月近くもちます。b0036381_22414482.jpg
葉が見えないけど、紫と緑の独特の色合いで1年中、グランドカバーとして不毛の地をイワナンテン、フッキソウとともに彩ってくれます。そんな役割の植物だけど、花、きれいですよね。







これ!面白いでしょ。b0036381_22441011.jpg
花なんです、これでも。ウラシマソウといいます。
長く伸びたヒゲが浦島太郎を連想させるからとか。
もう6、7年前、母を連れて千葉市郊外の竹の子園に行ったとき、竹やぶで異彩を放ってたものを、母が管理人の許可を得て持って帰り、ここに植えたのです。
これが毎年咲くたび、元気だった頃の母を思い出します。


この鮮やかな黄色の花は、カロライナジャスミンです。
b0036381_22461297.jpgジャスミンなので淡く芳香があります。たくさん咲いてくれてうれしいです。
でも!
これは場所が悪かった。





駐車スペースの上がパーゴラになっていて、そこに巻きついているんです。↓b0036381_22473651.jpg
花がぽとぽと車に落ちます。車じゅう花だらけ。
だからこの時期私は、黄色い花吹雪を道に撒き散らしながら運転するのです。
1分ほど走ると、きれいに全部散ってくれます。てか、花びらとはいえ道路を汚しているわけですが^^; まったく、駐車場に植える花じゃないよね。
今日、ベビーカーを押していたおばあちゃまが、道からわざわざ我が家のこのパーゴラに寄ってくるのが窓から見えた。あら、何するのかしら?と思ったら、地面に落ちてる黄色い花を拾って、ベビーカーの中の2歳くらいの女の子の髪につけてあげてた。
可愛いな、女の子。

さて、数年前までははりきりガーデニング主婦だった私も、ここ3年ほどの心身の不調ですっかり土いじりができなくなってしまった。
近所の人に何か言われてるだろうなあ・・・と思ってたら、やはりそうだったらしく、先日そんなウワサが耳に入ってきた。「あそこの奥さん、前はきれいに花をやってたのに、最近どうしたんでしょうね、具合でも悪いのかしら?――って○○さんが言ったわよ。。。」とありがたい?チクリ。小さな新興住宅街では「人の生活ウォッチャー」があちこちにいて、いろんな情報を発しているようだ。その中で暮らすのはちょっと息苦しいこともあるが、そんなこと気にしてたら生きていけないしね。I don’t mind!

ガーデニングで玄関先を飾ることは道行く人の目を楽しませることになるし、そういう家が多いと町全体のイメージアップにもなる。郊外の、緑豊かな場所に住むからには、ガーデニングが必須条件なのかもしれない。
花が好きな私なのに・・・でもできないものはできない。仕方ない。
結果、宿根草だらけになってしまった植え込みを見て、心の中でつぶやく。
「人のためにやってるわけじゃないんだし」
とはいえ、「なんとかしよう、ちょっとだけでも」との想いが頭をよぎる。
よーし!
この夏は、ここにインパチェンスを咲かせてみよう。
b0036381_22493153.jpgインパチェンスは日陰が大好きなので、この場所にぴったり。以前はここに寄せ植えにして置いていたが、それはもう見事な鉢になったものです。
寄せ植えつくる元気はないので、この植え込みの空いてる部分に地植えにしちゃおう。
ほんの、2、3株植えるだけで、きれいに広がってくれることでしょう。
でもいろんな植物の根がchaosになってるからどうかなあ・・・
[PR]
by gbsatomi | 2006-05-13 22:57 | FLOWERS


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

フォロー中のブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧