アクロス・ざ?・ユニバース

ジョン、あなたはどうして「♪アクロス・・ユニバー~~ス」と歌うの?b0036381_1202857.jpg

さて、今回は英語のお勉強におつきあいくださいませ。
かねてから疑問に思ってました。ジョンが「♪アクロス・・・・」と歌うことについて。
だって、英語の定冠詞The(ここでは、「ザ」と表記します。本当は日本語表記できない音ですよね、thの発音)は、次に来る単語が母音で始まる場合には「ザ」じゃなく「ジ」(同じく便宜上「ジ」と表記します)になる・・・・・と習ったじゃないですか。
ならばならば、アクロス・THE・UNIVERSE・・・「ザ」の次は、母音Uで始まるのだから、「ジ」じゃないの…?

でもでも、手元にあるビートルズ関係の本で、この曲を表記しているものはすべて「ザ」になっている。それに、私ははっきり覚えている。かれこれン十年前、中2のときに買ったLP「LET IT BE」のしょぼい歌詞カードに、はっきりと「アクロス・・ユニバース」と書いてあったことを。
「ジ」と書いてある本もたまにあったと聞くが、う~んそうかも知れないがとにかく今、私の手元にある資料にはすべて「ザ」となっているのだ。
それに!
なんといってもジョンがはっきりと「ザ」と発音しているではないか。
どうしてどうして?

仮説をたててみた。
①リバプール訛り。リバプールでは母音の前でも「ザ」と発音する。
②Universeという、唯一無二、絶対的な存在の名詞には母音云々の法則は適用されない。
③余裕があるとき(ゆっくりした曲)は「ザ」、ないときは「ジ」と発音する。
④ジョンの思いつき、気分次第で「ザ」と発音している。

う~ん、どれも弱いな。。。。。

ここでジョンの他の曲を思い浮かべる。
Theの後にUから始まる名詞を歌っているものはないかな?
あったあった、ありました!
「♪My mother was of the sky
My father was of the earth
But I am of the universe・・・・・」 ご存知、「Yer Blues」の一節です。

これは、何たる偶然というかちょうど教材のような歌詞ではないか。
最初のtheは「ザ」。(skyの前)
次のtheは「ジ」。(earthの前) ジョンははっきりと使い分けている。
そして問題の部分、・・・「バッ アイアム オブ ? ユニヴァース・・・・」
うーん、「ザ」と聞こえるが、苦し紛れに聞くと若干「ジ」の要素も入っているような。

息子に聞かせたら 「『ザ』じゃないの?」 と言う。
そこで「the に続く母音始まり名詞の音」の法則を言うと、「でもさ、ユニバースの前は、ジよりザのほうが言い易いんじゃないの?」だって。

「アイアム オブ  ユニヴァース」
「アイアム オブ  ユニヴァース」
どっちが言い易いかな。「ザ ユニヴァース、ジ ユニヴァース、ユニヴァース、ユニヴァース・・・ユ。ユ?ユ!?」

そこではたと気づいた。
Universeは、たしかに母音Uで始まるが、発音は「ユニヴァース」であり「ウニヴァース」でも「アニヴァース」でもない。Universeの「ユ」は、発音記号で書くと「j」の次に「u(←この上に線がついている)」という記号。例えばumbrella、umpire、up、under などのuは「ア」の発音だが、同じuでもUniverse、uniform、utopia、unicornなどは「ユ」なのだ。
ここにヒントがあるのではないだろうか?
そこで仮説⑤「ユ」と発音するuで始まる単語のみ、「ザ」になる。・・・ホントかな?

じゃあ、uniform、utopia、unicornの前にtheをつけて発音している曲を探せばいんだわ、と考えたものの、とてもそこまでやる気力能力もない。
どうでもいいじゃないの、そんなこと、って思われるかもしれません。
いえね、私がこんなにこだわるのはワケがあるんですよ。

昨年夏までバイトをしていた学習塾で、子どもたちの英語のリーディングを担当していました。発音指導は一切せずネイティブの録音したCDのみに頼るのだが、間違った読み方をしたときにチェックし、教えるという仕事である。
たいていの子どもたちがよく間違えていた。「theの後に来る名詞が母音で始まるときは、発音が変化し、ザ→ジになる」ということを。
教材CDでも明らかに「ジ」と発音しているのでそう指導してきたのだ。口をすっぱくして言ってきた。だから、この「アクロス・ザ・ユニバース」はどうも合点がいかないのだ。
ジョンの発音がOKならば、私はウソを教えてきたことになるじゃない(・・;)
だから、真実を知りたいのです。(んな大げさな・・・)
皆さん、どうかこの不勉強な私に教えてください。。。お願いします。

さて、Across the Universeは現在公式に出ている4つのバージョンがあるが、皆さんはどれがお好き?
刷り込みとは恐ろしいもので、私はやはり初めて聞いた「LET IT BE」(nakedじゃないもの)or青盤のものが正式バージョンだと考えてしまうのである。あの、ジョンの声がヌボーっとして全体にもやがかかっている感じの、フィル・スペクターサウンドが。b0036381_1221691.jpgだからあれを基準に好き嫌いを考えてみると、
Past Mastersに入ってるバードバージョンは、音が高すぎ、テンポが速すぎであまり好きじゃない。(中学のとき、エアチェックをまめにしていてこれを聞いたときにはびっくりしたけど)
音のクリア度でいったらなんといっても「naked」バージョンだろう。
しかし、この「naked」の楽曲はすべてnakedとか言いながらちっとも素っ裸じゃない。作って作って作りこんだ、つまり現代の技術の結晶でnakedに見せかけているのだから、いくら音が良くてもなんだか人工的な感じであまり好きじゃないのだ。となると、やはりアンソロジーバージョンである。
これはまあまあ音もよく、ボーカルも演奏もラフで、余分なものがくっついてなくて、これこそリアルAcross the Universe naked じゃないかと。(まあ、アンソロジーは全部そういうものだけど)
あきらかにジョンのボーカルが他のテイクと違って、このラフ感がなんだか好きなのです。
テンポもね。このくらいが一番好き。

そうそう、あの呪文のような Jai guru deva, om という歌詞ですが。
あの意味をワインセラピストさんのブログで初めて知りました。
Jai=ブラフマン
guru=伝道師
deva=天使(妖精)
om=宇宙の波動    
なんでも、インドの宗教用語なんですって。
(セラピーさん、引用させてもらいました。ありがとう!)
これね、大昔のLP「LET IT BE」歌詞カードにはなんと
「I can rule day ○○←(失念)」と書いてあったんですよ。とんでもないよね。
おかげで、14歳の私はずーっとそういう歌詞だと思い込んでいました。25歳くらいまで。
ひどーい!

どうか皆さんのご意見、お聞かせください。ザ→ジについて。
[PR]
by gbsatomi | 2006-03-21 01:29 | LOVING JOHN & FAB4


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

フォロー中のブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧