The 25th Anniversary of John’s ・・・・・

Dear JOHN

あなたにこうやってファンレターを書いてから1年たちました。
b0036381_239932.jpgそして、今年はあなたがいなくなって25年という節目の年です。
私は今年もあなたに手紙を書いて、あなたを追悼したり、自分のこの1年を振り返ったりさせてもらいますね。ブログ上でのことだけど、天国にいるあなたにはすべてお見通しであることと信じて。

「天国なんてないと想像してごらん」とあなたは歌ったけど、私は、天国はあると思うんです。
もちろん生きてるときに徳を積んだ人だけが行けるところだと思ってますけど。
私が考える天国とは・・・そこは、死の苦しみを乗り越えた人が行くところだから、苦しみも悩みも一切ない本当のパラダイス。そこでは人は、瞬間的に自分のなりたい年齢になれる。だから子どもに戻って母に甘えることもできれば、若者になって情熱的な恋もできる。逢いたい人にもすぐ逢える。だからもし私が行けたなら、あなたの歌を初めて聞いたティーンエージャーの頃に戻って、あなたに逢いたい・・・・・
と漠然と考えてるんですけど、私、もしかしたら天国に行けないかもしれないな、ってそんな気もするこの頃です。

今年もいろんなことがありました。
それは、なぜかあなたに関連することが多いので、報告させてくださいね。
3年前のあなたの命日に、仕事で知り合ったビートルズコピーバンドの人たち、その仲間たちとお友達になって、私の人生に新しい1ページが開かれました。
その人たちと、セッション大会をやってあなたの歌を演奏できたことは、信じられないほどの大きな喜びだったのですが、今年はそれが発展して、なんとバンドを結成することができたんです。少女のころ、ビートルズナンバーのキーボード部分をピアノで弾いて楽しんできた私が、本当のバンドで演奏できるようになったなんて!
この年齢で、夢中になるものにめぐりあえるなんて、本当にありがたいことです。
夏にはちょっとしたお披露目会もやったんですよ。
今、私の都合でバンドはちょっとお休み状態になっているのだけど、仲間はみなとても理解ある人たちで、本当に感謝しています。みんな人生の少し先輩で、私の悩みや苦しみにも知恵を貸してくれたり助言してくれる、素晴らしい人たちです。
春ごろにはぜひ再開したいと思っています。
そしてこの先どんなことがあっても、そのときどきやれる範囲で、細々とでもずーっと長くあなたの、そしてビートルズの曲を演奏していきたい、と思います。あなたが活躍していた頃にビートルズの歌を聞いて感銘を受け、楽器を手にした者たちが、そうやって各自細々と伝承していくことは意義があるような気がするのです。
こんな生活を与えてくれたのもあなたのおかげです。b0036381_243259.jpg

そして、もう一つ報告したいことがあります。これは私の生活にかなり劇的な変化をもたらしたことなんです。
去年のあなたへのファンレターがきっかけで、私のブログを読んでくれる人が増えました。全国津々浦々に、あなたを好きな人、ビートルズを好きな人がいっぱいいて、あなたの命日に自分の想いをブログにしたためているのです。顔も知らないそのような人たちと、一つの話題で盛り上がるのはとても楽しいことでした。
その人たちはたいてい音楽を専門に扱うブログを作っている人たちで、それは素晴らしい知識や表現力がある人たちです。更新もまめにしている人が多く、感心させられます。
私のこんな、くだらないことをたまに書くだけのブログをクリックしてもらい、特にあなたのことについて書いたときは多くのコメントをもらうのです。そして自分のブログのリンクまで貼ってくれる人々もいて、ちょっと私は恐れ多くて恥ずかしい気でいっぱいです。
だって私のは、音楽専門でもないし、ずいぶんあなたを偏愛しているし・・・
私もいくつかリンクを貼らせてもらってるブログがあります。そしてブックマークしているブログはもっといっぱいあるのですが、UPするのに四苦八苦するのでそのままになっているのです。
コメントで親しく話させてもらう人々もいて、なんかそれらの人々のブログをチェックするのが日課になりました。1年前では考えられなかったことです。
いろんな人の考えに影響を受けたり、元気をもらったりと「ブログで知り合った人々」と文字で交流するのは楽しいものです。こんな世界が開けたのも、やはりあなたのおかげなんです。

「愛と平和を説いたカリスマ」として、今、あなたは語られる場合が多いようです。b0036381_2445214.jpg
「イマジン」は、その代表曲として、反戦ソングという扱いも受けています。
あなたのことを「平和運動家、ミュージシャン」と記した教科書もありました。
「ジョンは決してそうじゃない」というのが私の考え方。それを、今年のあなたのお誕生日にブログで書いたら、それに共鳴してくれる人が何人もいたんです。中にはあなたがいなくなってから生まれたような若い人もいて、とても驚きました。音楽に国境はないといわれるように、世代間のギャップも思ったほどはないのですね。
先日、テレビで「ベッドイン」のドキュメンタリー番組が放映されました。
あなたはあそこでああやって「Give Peace a Chance」をつくり、演奏したのですね。
私もあの中にいたかった。あの熱気を感じたかった。
ただ、見終わって何か釈然としないものがあったのも事実です。
これについては今日は書きませんね。だってあなたの命日なんですもの。

私、最近、あなたの「着うた」を楽しんでいるんです。そういうものにあまり興味がなかったのですが、いざダウンロードしてみるとちょっとはまってしまいました。
だって突然あなたの声が鳴り響くのですよ、いつでも、どこでも、着信があるたびに。これがとっても嬉しいんです。私が大好きな、あなたの艶のある声が急に聞けるんだから。メールも電話も、人ごとに着メロを変えてた私ですが、あなたの声を1日に何度も聞きたいから、すべての着信音をあなたの歌に変えました。だったらCDを聞けばいいじゃない、って思われるかも知れないけど、そういう能動的に聞くものじゃなく、偶発的に聞くものだからなおさらいいんです。この時期は「Happy Christmas」オンリーにしています。だから、今携帯が鳴っても、誰からなのかも、電話なのかメールなのかもわかりません。全部同じだから。♪So this is Christmas~ と突然聞こえるあなたの声、ゾクっとするほど素敵です。大好きです、あなたの声。いつまでも。

b0036381_3145472.jpg今、私には辛いことがいっぱいあって、人生はハードだな、と思って毎日生きています。
早く天国に行きたいな、と思うこともあります。でもまだまだ現世でやりたいことがあったのに、天国に旅立ってしまったあなたのような人のことを思うたび、私は生かされているということに気づくのです。
生かされているんだから、生きたくても生きられなかった人々のためにも、毎日を無駄にすごすことなくせいいっぱい生きなくちゃ、と反省します。
それでも時々、遠い遠い天国にいる人たちのことを思い出し、いつかはそんなところに行って、あなたをはじめ愛する人たちに逢いたい、と思います。こんな私でも天国に行けるかな?行けるような人生に今からでもしなくては。
もし念願かなってあなたに逢えたなら、ギターでもポロロン、と弾いて歌ってくれたらとても嬉しいです。
そのときはやはり「♪Imagine there’s no heaven~」と歌ってくれるのかな。

これだけ通信が発達して宇宙にいる人とも会話できるのに、天国にいる人とは会話できないのは悲しいです。だからこそ私は天国を信じたい。
でもあなたの歌声に励まされて、まだ生かされている人生、もう少しがんばってみますね。
あなたの死から25年たっても30年たっても50年たっても、私はまだこの世にいて、あなたの歌を聞いているつもりです。
b0036381_25722.jpg


                                   Yours Sincerely,
                        
                                             SATOMI

[PR]
by gbsatomi | 2005-12-08 02:57 | LOVING JOHN & FAB4


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

お気に入りブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧