たまにはヨーコも聞いてみる

♪YOUR HANDS  by YOKO ONO

あなたの手 こんなにきれいな b0036381_6315677.jpg
あなたの手 夢にまでみる
Your hands So beautiful
Your hands I even dream about them

あなたの肌 こんなに熱い
あなたの肌 夢にまでみる
Your skin So hot
Your skin I even dream about it

一日に何度逢っても 逢いたりない
一生に何度逢っても 逢いたりない
In a day No matter how many times we meet
It's not enough
In a lifetime
No matter how many times we meet
It's not enough

一生に何度逢っても 逢いたりない
幾世に何度逢っても 逢いたりない
In a lifetime
No matter how many times we meet
It's not enough
In many lifetimes
No matter how many times we meet
It's not enough

2人の恋 こんなに強い
2人の恋 こんなに脆い
2人の恋 いつまでも
Our love So strong
Our love So frail
Our love Forever

あなたの眼 こんなにきれいな
あなたの眼
Your eyes So beautiful
Your eyes

いきなりヨーコの曲で驚かれたでしょうか?
最近新しいPCに、わがPCマイスターがiTunesでビートルズとソロ全曲を入れてくれ、ごきげんなPCタイムをすごしている。ジョンのソロアルバム全曲をシャッフルで聴いていると、いやでも(強調)ヨーコの曲が出てくる。Double Fantasyが発売されたとき、私は純情無垢な(←ホントよ)高校3年生。ラジオで聞いた「Kiss Kiss Kiss」に身の毛がよだち、以来Double Fantasyは買うまい、と心に決めた。ジョンの悲報を聞いた後も、そのスタンスは変えなかった。ずいぶん大人になってからレンタルして録音したが、多くの人がそうしたであろう、ジョンの曲だけ録音するのではなく、愚直にも全曲録音してしまった。だから、結局そのテープはほとんど聴かなかった。聴くときはもちろんヨーコの曲を飛ばして聴いた。

とまあ、ここまで書けば私のヨーコに対する考えはおわかりだろう。
ジョンと結婚したことを否定はしていない。ジョンほどのある意味めちゃくちゃ奇っ怪な人には、あのくらい奇っ怪な人、超個性の持ち主じゃないと結婚生活なんてできないと思う。そういう意味ではシンシアよりはるかにヨーコはジョンにマッチしていたのではないか。私の意見はただひとつ、ヨーコに歌だけはうたってほしくなかった。自身のアルバムを出すのはかまわないが、ビートルズの曲で短いソロをとったこと(The continuing story of Bungalow Bill)、そして5年ぶりに出たジョンのアルバムを2人のアルバムとして、半分を自分の歌で占めたという愚挙は許せなかった。

そんな私だからMilk and Honeyは聴いてなかった。ジョンの生前のレコーディングに、ヨーコの曲を付け加えたという、Double Fantasyの続編的なアルバム。そこに入っていたのが「Your Hands」だ。
この曲が、不本意ながらも私の琴線を揺さぶってしまった。

キーワードは「手」。
実は、白状してしまうと私は「手フェチ」とでもいうのか、好きな人の「手」が好きなのです。
若かりしころ、まだ色気づいてたころの話だけどね。好きな人の手ってなぜかとてもいとおしくって、それはただ「愛しい」それだけの感情で、それ以上の何物でもないのだが。。。要するに手を見て興奮するとか、そんなものではなく純然たる「いとしさ」。ただ「好き」なだけ。う~ん、説明しにくいけどわかってもらえるかな・・・?
この曲を聞いて、ヨーコもきっとジョンの手に愛おしさを感じていたに違いない、と決め付けてしまった。

「夢にまでみる」「一生に何度逢っても逢いたりない」という歌詞に、二度とこの世で逢えないジョンへの想いが見てとれる。これは切ない。配偶者や恋人じゃないけど、やはり愛する人を失った経験のある私にはよくわかる。
お、おおっ!ここでなんということか!iTunesから「Kiss Kiss Kiss」が!!ホントですよっ!決して受け狙いではありませんっ。なんか、ヨーコの生霊がそうさせたのかしら・・・まさに今、息子たちが二階に上がったところ。良かった~・・・こんな歌、とても中学生に聞かせられません・・・しっかし、強烈ですね、いつ聞いても。ヨーコさん、アンチの私ですが、この曲は受け入れられないにしても「Your Hands」にはシンパシーを感じるのですよ、だからこうやってブログにしたためているのです。だからお願い、怒らないで~。

ちなみに歌唱の面でいえば、ヨーコの歌唱力は、Double FantasyそしてMilk and Honeyにおいて、以前に比べそれなりにかなり向上している、と思う。
しかし、いかんせん不世出のボーカリストであるジョンと同じ土俵にたって歌おうということ自体がまちがっていたのだ。だからDouble Fantasy全曲を通して聴くと、どうしようもないちぐはぐさ、どうしてもかみ合わない表現力の差が妙な違和感として残る。(Milk and Honeyの方はジョンの歌唱がラフなだけにその差がちょっとだけ少なくなるけどね)

ヨーコがここ数年日本で手がけているイベントや、彼女の作り上げた、ジョンの固定されたイメージには否定的な私だが、JLMにしてもジョンが生前使ったものなどを見れるわけだし、若い人たちがジョン、そしてビートルズの音楽に触れるきっかけを提供するという意味では、そろそろヨーコの功績を認めなければならないのかもしれない。
でもヨーコさん、私も意外と頑固なんです・・・どうしても「ビートルズを解散させた女」のイメージから離れられないんです・・あ、ごめんなさい、怒らないで、お願い!「Your Hands」は好きだから・・・・・
[PR]
by gbsatomi | 2005-06-17 05:42 | LOVING JOHN & FAB4


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

フォロー中のブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧