ご自慢秘蔵レアコイン

実はたいしてレアでもなければ、秘蔵というほどでもない。つまりインチキなタイトルだけど、他に自慢するものが何もないので、こんな詐欺タイトルでもお許しください。

古いコインを集めるのが好きです。マニアが集めるような、骨董的価値があるものではなく、おつりに「ギザ10」(側面にギザギザの入った昭和30年以前の10円玉)があったら喜んでとっておく、みたいな単純なもの。昭和20年代後半のものだと、もう半世紀以上流通してきたわけで「ご苦労さま」と言いたくなるし、その時代の人が持っていたものがまわりまわって私の手元に来た、と思うと一種感慨深いものがあるのだ。
だから、ギザ10を発見したらまずとっておく。

同じく5円玉も、昭和20年代のものは「日本国」の「国」の字が「國」になっているし、字体そのものが違う。ゆえに「長い間よく働いてるね」と、財布から秘蔵コイン収納マグカップ行きとなる。
b0036381_2243491.jpg





同じ理由で生まれ年、昭和37年のものも発見したら、使わずにとっておく。といっても1、5、10円しか持ってないけど。
b0036381_22444153.jpg
「私と同じ年に生まれて、同じだけ生きてるのね」と
親近感を覚える。



ところで、これはちょっと自慢できるかもしれない「昭和64年シリーズ」。
b0036381_22454347.jpg
昭和天皇の崩御は、昭和64年1月7日。つまり昭和64年はたった7日間しかなかった。63年の秋頃から「ご容態」が毎日発表されるなど、予断を許さない状態が続いていたから、ときの大蔵省造幣局も昭和64年と入った硬貨は、ひそかに作り控えていたのかもしれない。というのは私の推測にすぎないが、とにかく昭和64年の硬貨は現在、ほとんど流通してないといえるだろう。
それを私は100円と5円以外、全部持っているので~す!すごいでしょ?ってそうでもないか……

10円玉は、平成元年に比較的たやすく手にしたような気がする。(4枚所有)
1円玉はいつのまにか、所有していた。平成に入ってずいぶんたってからのことだと思う。
一番高額の500円玉を手にしたときのことは忘れられない。4年前の夏、あるガソリンスタンドに入り、洗車をしてもらってる間、自動販売機で飲み物を買った。普段、そんなときに飲み物なんか買わない。しかしなぜかその日はノドが乾いて「飲みたい」と思ったのだ。1000円札を入れて出てきたおつりに、光り輝く500円硬貨があった。
それは見た瞬間に「ビビッ!」とくるものがあった。
こ、これは…あ、あ~~~
……っ!!!ほ、ほんと!?
はやる心を押さえ、ドキドキしながらよく見る。「昭和64年」まちがいない。
ウソみたい、信じられない。
こんな、めったに使わない自動販売機から出たおつりが、こんなに珍しいものだったなんて…細々と「レアコイン」を集めてきた私に、神様からの贈り物かしら?など、大げさではあるがその時は大マジメにそう思った。

100円玉で古いものや生年産のものを全く持ってないのは、おつりなどであまりによく手にするので、いちいち確かめていられないからだろうか。おつりでもらうなら、10円玉も同じ頻度だとは思うが、100円玉は出て行く頻度も高いので、財布にとどまる時間が少なく、確認できないのだと思う。
こうなったら、生まれ年の100円と50円、そして願わくば昭和64年のものも手にしてみたいと思う。

ところで、この風変わりな500円硬貨は「長野オリンピック記念硬貨」。郵便局で振り込みをしたときのおつりにこれをもらい、びっくりした。
b0036381_22463625.jpg「つ、使えるんですか…?」「はい、普通の500円と同じですよ」。
でも、わたし的には珍しいから使えない、って。だから今でも持ってます。

母はこの手の記念硬貨をよく購入していたようで、遺品を整理しているとたくさん出てきた。
b0036381_22472824.jpg昭和51年「(昭和天皇)御在位50年」、昭和60年「内閣制度100年」、平成4年の「沖縄復帰20年」、平成5年「皇太子殿下御成婚」etc.
これまた使うに使えず、「特別なお財布」に入れてある。

さて、もしかして今日ご紹介したなかで、一番価値が高いかもしれないのが「500円札」。新券で4枚持っているのがささやかな自慢。
b0036381_22482225.jpg
売るとしたらいくらかな。
550円くらいだったりして。
そして、すっかりお久しぶりの2000円札。
b0036381_2249205.jpg皆さん、使ってますか?最近見たことありますか?
日々、生活必需品を購入している主婦としては「まるで見ません」。いったい何のために作られた紙幣というのか。日銀にごっそり置いてあるのか、それとも市中に出回ってはいるけど、千葉のスーパーがおもな買い物場である私には、まわってこないだけかな?
[PR]
by gbsatomi | 2005-05-15 22:59 | DIARY


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

お気に入りブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧