Voice Changer

さて、不肖わたくしがこのブログを始めて1ヶ月半。「ブログ」の定義などあまり考えずに勢いで始めてしまった感があるものの、こんな拙いものでも毎日見てくださる方々がいらっしゃる、というとは本当にありがたいことである。

なぜ、「いらっしゃる」とわかるかというと、管理者ページに「訪問者数」というものがカウントされているからだ。1アクセス1回ではなく、1台のPCにつき1回とカウントされるらしい。
だから、同じPCから何度アクセスしても、訪問回数は「1」となる。ちなみに、どなたがいらしたか、ということは全くわかりません。だから安心して(?)いらしてくださいませ。

前に、ある掲示板で「ブログは究極の自己顕示」と書いてあるのを見て、うーん、と考えてしまった。まあ、たしかにHPほどは人のお役に立たない。というよりは・・・「全く役に立ってない」に等しいなぁ。だって、私の場合は、自分の思いのたけや、体験したことなどをずらずら綴ってるだけなんだもん。

そう思うと、やはり読んでくださる方に対して、ただの自分の日常をずらずらと書き連ねるだけでは失礼だと思うし、せっかくこういう、自分の考えを発信する場を与えられているのだから、できれば建設的な意見や文章を書いてみたい。願わくば読んでくださった方に「なるほど~」とか「ふむふむ」なんて思ってもらえるようにしたい、少なくとも「ちぇっ!こんな文章読むんじゃなかった」なんて思われないようなものにしたい・・・・・・とは考えているのです、一応。

で、すみませんが以上が今日の長~い前置き&いいわけです。
というのは、この1週間というものの、風邪による体調不良でどうしようもありません。
いくつか、「ブログ用のネタになる」と思ったものを書き溜めているのですが、どうにも上手くまとめられないので、ごめんなさい、今日は「風邪ひきさん日記」にさせてくださいm(__)m

というわけで、「風邪だ」と感じたのが先週火曜日。なんと1週間も引きずっている。
それも先週の金曜の夜から「声」を失ってしまった。
それは「ハスキー」というものを軽く超えてしまって、「本当に出ない」「出そうとしても息の音だけ」「必死で出して、絞り出すような聞き取れない声」 という具合である。
イメージとしては「もんたよしのり」 がカゼひいたような・・・声。

さて、そうなると当然いろいろな支障が出てくる。
一番残念だったのは、先日の合唱コンクールのリベンジをもくろんでいた、14日の「東急音楽祭」に出られなかったこと。(シクシク)
困ったのは、仕事のアポとり(取材申しこみ)ができないこと。ただでさえ、弱小メディアであるからいつもアポとりの電話をするとき、こちらのことを理解してもらうのに苦労するというのに、「カゼをひいたもんたよしのり」が電話してきたら、怪しさ満点、「絶対に」取材拒否されるだろう。
そして「息子たちを叱れない」 これも相当困った。
いつもは口うるさい母親が無言なのをいいことに、やりたい放題。う~っ許せない。
「ママ、○○していい?」
「(絞り出した声で)ぃ・・ぃ」
「わは!ママ、『イェイ』だって!」
「(怒)!」

一方、「ケガの功名」的なこともあった。
「ピンポーン」と鳴ってインターホンを見ると宗教の勧誘らしき複数女性。
「・・ぁぁは・・ぃ・・・」
「奥さま・・ですか?・・・私どもは○○で、○○のために○○を・・・」
「kkkkヶっkoぅで・su」
「あ、はい、失礼しました」
いつもならなかなか帰らないのに、そそくさと引き下がって行った(やったね!)

「プルルルル・・・」と日曜日の昼間の電話。よくあるあれかもしれない。
誰も居間にいない。仕方ない、出るか。
「○わ○さんですか?こちらは○○マンションといいまして、今、○○駅前にマンションを・・・・・」 この手の勧誘は、こちらに有無を言わせずいきなりしゃべりまくるのだ。
「mmもぅ・・kkかぃ・・mまssし・・tた」
「あ、ああのう。。。ど、どこに買ったんでしょうねえ、あ、じゃあ。そうですか。じゃ、じゃあ・・」
あまりの彼の狼狽ぶりに私は出ない声で高らかに笑った。(というのも今想像すると、気味悪いが)
だって、いきなり「エクソシスト」みたいな声で自分の話をさえぎられたら、誰だってあせっちゃうよね。

「ピンポーン」 まただ。今度は隣の奥さんが回覧版を持ってきた。仕方ない、出よう。
「sssす・・ぃmま・・ssせnん、kkこ・・ぇgが・・」
「あら、カゼ?大変ねえ。でも声が出ないとなんだかしおらしいわね」
「(ムッ!)・・・」

さて、今日火曜日は、「もんたよしのり」から「森進一」くらいに改善した。
(つい、「おふくろさんよ・・・」と揺れながら歌ってしまいそうだ)
しかし、この声のおかげで職場では「まあ、かわいそう」「早く帰っていいわよ」
と、皆の同情を買い、早めにあがらせてもらえた。
ああ、同情してくれるなら先週の火曜日のほうがつらかったのに。なまじ声が出てたから誰も私が具合悪いなんて思わなかったんだろうなあ。

声は改善しつつあるが、今は咳がひどくて、これがまたつらい。
咳って予想以上に体力を奪うのだ。特に寝起き。今日もおさまるまで2時間かかり、その後また寝てしまったので、病院にも行けず、不燃ゴミも出せず。その後仕事に行くまで最低限の家事をしたので薬局にも行けず。
そういえば私、このブログ始めたころ、自慢気に「カゼをひかない方法」を書いていたのだ。
ああ、なんたる不覚。免疫力が弱ってるのかなあ。
どなたか、カゼをひかない方法&ひいてしまった場合の対策、とくにつらい咳と微熱感に効く方法を教えてくださ~い!
[PR]
by gbsatomi | 2004-11-16 23:30 | DIARY


コスメのことならhttp://satomiomio.exblog.jp/へ!


by gbsatomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ごあいさつ
LOVING JOHN & FAB4
MUSIC
DIARY
BEAUTY
FLOWERS

最新のトラックバック

今月のCD-part 2..
from DAYS OF MUSIC ..
卵巣がん
from 卵巣がん
愛はかげろうのように
from BULLVEGA ブログ
[内田勘太郎]ムッシュか..
from MUSICSHELF:最新プ..
Julian Lenno..
from 湘南のJOHN LENNON..
千葉市
from 千葉市の情報
卵巣がんの種類 症状診断..
from 卵巣がんの種類 症状診断と再..

フォロー中のブログ

おかずの『プチ文芸部』
Kayokoの 『Swe...
コスメ道

Link


さつきが丘フィールズ
・愉快な仲間のHP
サマーディ (Samadhi) for Conscious Evolution
・スーパーソムリエ、ワインセラピストさんのブログ。
音楽もいっぱい。
「あいだ」にあるもの
・ジョージ大好きギタリスト、
yujiさんのブログ。
Good Timin'
・あらゆる年代の洋楽に詳しいモスコさんのブログ。
BEAT ODYSSEY.COM
・ジョン・レノンを心理学的
アプローチで研究する
KENNYさんのサイト。
ロックdeシネマ
・元祖ロックからHR/HM、LOUDまで幅広く紹介する
pagさんのブログ
In My Life with the beatles
・ビートルズが3度のご飯よりも好きな、ダン・コレステさんのブログ

♪My Favorite Albums♪

ジョン・レノン「John Lennon /Plastic Ono Band」
まさに「ジョンの魂」がまるごとつまっているかのような、ジョンファンにはバイブル的アルバム。本当にジョンを好きじゃないと、重々しくて聴きにくいかもしれません。でも歌詞はともかく、サウンド面ではシンプルロックの原点のように思います。

「ロックするピアニスト」 ポリーニの「ショパンエチュード」。超絶技巧で弾きまくるこの爆弾のようなCDは、ピアノに興味がなくてもロック好きな人なら、きっと衝撃を受けるでしょう。数あるショパンエチュードの中でも
最高の1枚です。

ライフログ

ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

ショパン:12の練習曲

以前の記事

2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧